本日「塚原のユメ食パン」販売です。

いやあ嬉しいですね。ユメ小麦の製粉も終了し、これからは毎週日曜日「ユメ食」の販売が始まります。以前にも書きましたが、ほんまに「奇跡」的な収穫劇。ほんとヒヤヒヤな状況。追い詰められた、追い込まれたギリギリからの逆転ドラマみたいな。「奇跡」の小麦収穫 | オニパンカフェ (onipain.com)

併せて、ユメ食パンの生地で「ユメクランベリーチーズ」も販売しています。よろしくお願い致します。

盛りだくさんな夏休み

夏休みが終わってブログを書くのはオニパン開店以来の慣例。毎年しっかり書いている。しかし今回はさらりと。と言うのもすごく思い入れのある計画を立てたわけでもなく、まあ行ってみようか的な感じでの軽い遊び感覚。

以前は、ママと交代で一人旅行なぞを計画して、「青春」を謳歌したりしたものだ。ママが由布岳でけがをして以来、股関節の調子が悪くなり、犬の散歩やきつい動きが出来なくなり、一人旅行も一時お預けとなった。だからこの間二人での軽く小旅行がふえた。

夏期休業初日月曜日、以前から計画していた「櫟の丘」へ。オーナーの「やっさん」とは知り合い。開店当初は、まだ建物も料理もそれほどではなかった。「やっさん」は、料理人と言うより、プロデューサー、実業家的な人だ。長崎の監獄が解体されると聞くやいろんな材料「鉄や石」などタダ同然でもらってきて保管してたり、タイにいっていろんな中古品を買ってきたり。自分でユンボを使い工事してみたり。行っていない数年間の間に「櫟の丘」はどんどん進化発展。今ではずいぶん様変わりしたのでは期待を持ってお食事へ。

予想は的中!というか、予想以上。予想を裏切ってと言う方が当たっている。すごい!これがあの櫟の丘か!!

料理もおいしい。そしてお食事の空間は湯布院を見下ろす天上の世界。テーブルも建物もインテリアもエクステリアもズッシリと重たい素材を使い、重厚感に満ちていて、そしてオシャレ。すごいな~!!こんなスペースでお食事すると、お値段も高く感じない。

刺激を受けた翌日は、私も頑張った。今回は「バターチキン」カレー。

バターチキンは北インドカレー。このカレー、気に入りました。なにがって?材料が少ないのと早くできるのと、その割においしい。これで3種目。今回は初めてレッドチリパウダーを使った。レッドチリパウダーという商品が手に入らなかったので、同じ原材料の赤唐辛子パウダーで試した。全く問題なし。カレーにはクミンシードを使うのが常道なのかと思っていたが、クミンを使わずとも美味しいカレーが出来るんだな。ガラムマサラの中にクミンが入っているけどね。

さて、お盆までとても忙しく、母親の墓参りに行っていなかったので、水曜日自転車で墓参りへ。

すでに誰かが(わかっているけど)きれいな造花のお花を飾ってくれていた。右のお花はオニパンの畑に咲いているお花。母が亡くなって11年。あの東日本大震災の3週後に亡くなった。時が過ぎるのは早い。11年後私は生きてるのかなあ。

さて、充実の夏休み。いっときもボ~っとしてなかったぞ。朝は墓参りの日から3日間、自転車でトレーニング。体力の衰えを感じながら、大村混さんを見習って、運動を続けることを再確認。運動の後、気持ちが若返る。運動の汗の量と気持ちの相関関係。そして、写真は載せないが、3日間ユンボに乗る。工事現場が激変。

そして木曜日、全く去年と同じ行動。それはあの「黒嶽荘」へお風呂とお食事コース。

ほんとここはいい!気に入ったあ~!!長湯と同じ炭酸水が豊かに噴出する。炭酸水も売っている。蜜を入れたらサイダーだ。その冷たい炭酸水(9度)の水にソーメンを浸けて食べるのうますぎる。シビシビソーメン。

写真で分かりづらいだろうけど、ソーメンの入れ物の下から炭酸水が湧出している。

料理もうまか。そしてお風呂は予約制みたいな感じだが(あまり宣伝していない。これぞ隠れ家的。ひろまったらいやだ~)、炭酸水のお湯と水風呂(鉱泉水)。これを交互に入る。水風呂は冷た~。50かぞえると指先が痛くなる。そして温かな方へ。(うちでは、これが気に入り、昨年、水用の簡易バスタブを購入した。)お代金がなんと一人300円。今時こんな商売をしているとは。だから広まったら問題が生じるかも。と言いながら、ブログで広めている私。ごめんね、聞かなかったことにしてください。

とにかく黒嶽荘の炭酸水とソーメンと料理はいいなあ。それが由布市にあるんだから。庄内。海抜750㍍。涼し~!避暑と慰安にはもってこいの場所だ。お盆の時は忙しいらしいので、それは外した方がいい。冬もゆきが積もるし・・・。

こんな夏休み。短期間にいっぱい詰め込んで、でも楽しかった!!!

小野梨園の梨で、ワイン・ペアを。販売スタートします!

先日小野梨園で梨狩りをしました。その記事をアップしたのですが、間違って(いつものように)折々帳の方に行ってました。再度書きます。

この方がオーナーの小野幹夫さん。いろいろと説明を聞きながら、「幸水」をもいでいきました。

もいだ幸水の三分の一を当日コンポートに。新鮮すぎますね!

どうですか、このみずみずしさ。ほんとうに甘くておいしい梨のワイン煮になりました。毎年この梨を使って、ワインペアというオリジナル商品をつくっています。昨日今年第一号を作りました。その写真をアップしますね。

期間をおいて作る商品(一昨年は作らなかった)なので、製造の清家さんも少しヒヤヒヤな昨日でしたが、こんな風にりっぱにできました。外観が梨のデザイン。その中に本物の梨が収まっています。値打ちある商品です。梨をとるところから手作り手作業。お値段は普通サイズで270円。小ぶりは240円で販売致します。しばらくは梨の季節となります。お楽しみに。

明日より金曜日までお休みです。ご注意くださいませ。

製粉出来ましたあ!いい粉に仕上がりました。ユメ小麦(塚原のユメ)昨日のInfoは大事なお知らせでした。よって、再度、本日も掲載させていただきます。

以前のInfo(折々帳にも転載してます)で書いたあの奇跡の収穫劇。その小麦を一昨日豊後大野で製粉しました。もうほとんど諦めかけていた小麦、今ひとつの実り、雨に何度も当たると言う過酷な環境。もうこれ以上雨に当ててはおしまいだと、初めてのコンバインでの収穫。亡きじいさんの魂が乗り移ったかのような鬼気迫る作業。その結果はどうなったのか・・・・怖くてなかなか袋を開けられなかった。平野製粉所の社長に聞くと「別に問題なかったです」と平凡な答え。今日開けてみました。

何じゃこりゃ~!きれい!!うまそ~!!!

じいさんありがとう。守ってくれたんですね。そんな思いになる。そうとしか考えられない。あんな過酷な条件で。

とりあえず第一回目の製粉終了です。粉が40キロ、フスマも10キロくらいとれました。

お待たせしました。次の日曜日、あさってより「塚原のユメ食パン」販売できます。こんな粉の量ですから、日曜日数量限定の販売となります。

来週月~金 夏期休業です。       書斎、機能性アップ

気がつけば、お盆も終わります。今日は終戦記念日。お盆と重なるのはどういう因縁なのかな。戦中は、どんなお盆の様子だったんだろう。私も昨夜は、お世話になったオニパン畑の地主「じいさん」の初盆にお参りに行きました。

さて、来週の月から夏期休業です。その週は移動販売はありません。オニパンスタッフ一同、体を休め、休み明けより美味しいパン作りに励みたいと思います。ご迷惑おかけ致します。

私は、パン作りだけでなく、あるときは修理屋、あるときは新作のプロデュース、またあるときは宣伝企画係、またあるときは広報主任等々いろいろな役職を持っています。その際に使用する作業オフィスは、狭苦しく、メモをとるスペースもないような。だいたいがデスクが狭すぎてパソコンのモニターとキーボード、マウスを置くとそれだけでいっぱいいっぱい。だから、ママが通販の送り文書や注文票などを持ってくると置く場所がなくて・・・。

学校の机を少し大きくした程度のデスク。

さらに、老体にむち打ってデスクワークをするとき、腰がしんどくなってくる。狭いオフィスだからと、小さなデスクと小さな椅子でやっていたが先日思い立って、オフィスを拡張することに。

折りたたみの椅子。長年使って座面もはげてきた。

オフィスを拡張すると言っても私のオフィスはついたてで仕切られた部屋の片隅スペース。ママが「そのついたてを部屋に張りだしたら」と助言。そうか、そうすればオフィスが広がるぞ!なんかワンルームマンションから二部屋のマンションに引っ越すときのような、ワクワク嬉しい気分に。広い部屋が手に入れば、作業しやすい大きなデスクとゆっくり出来るチェアも夢ではない。そうなると、いつものことで、私の行動力に火がついた。

早速ネット通販でチェアを物色。さらに、移動販売の帰りにお世話になっているリサイクルマート(ここでエアコン2台購入)に行く。いやあ、あるじゃあありませんか、最適なデスクが!安い!

ここでお披露目を。

この椅子は最高です。フットレストを出すことも出来るし、ほぼ水平まで倒せますし。腰や首のサポートもいい!

そしてデスクは・・・

幅1200,奥行き800です。左の袖の部分に棚がついています。2段なので、上の部分にモニターを載せてその下は物入れに。快適です!