人がいなくなるということ

この二日間の休みは比較的ゆっくりできた。半年近く行ってきた土木作業も一区切りつき、ユンボの操作も一応終了。オニパンの駐車場の整備も一応終了(まだでこぼこだが)。頼まれていた隣人の畑の耕作をトラクターでチャチャッとやって(本当にトラクターを使うと早い!)ついでに少し伸びていた小麦畑の雑草もトラクターで耕した。

ふと目をやると、お隣のじいさんの畑も雑草が広がっている。

これもまたトラクターで耕さないとな。つい一ヶ月ほど前に耕したのに。雑草が伸びるのは早い。そして、なぜか気になったハウスの中に入ってみる。

戸口が開いていて、ハウスの所々が破れている。そのためか、ハウスの中は酷い状況になっていた。

ツルっぽい草が前面に繁茂し・・・じいさんの大切にしていた播種機などは草の中で外観も見えなくなっている。コンバインも草に絡まれている。草を取ってみると

鉄のチェーンなど錆び付いている。このままでは動かなくなる。雨がテント内に入り込み、暑い環境でジャングルのようになっていたのだ。

じいさんはこまめに機械の整備をし、雑草などもはやらせないようにあちこちに手を入れていた。以前のInfoにも書いたが、整った茶畑や雑草のないまっすぐ伸びる畝、その光景が当たり前になっていたので、じいさんがいなくなって見間違うほどに変わり果ててくる様相に驚き、逆にじいさんのそれまでのこまめな仕事のすごさに気づいた。人がいなくなるとわずかの時間で変わり果てる。

所狭しと広がる雑草をひきぬく。あまりの量に圧倒される。何か悔しくて、むなしくて・・・。人がいなくなるということ、それは必ず起きることで、今あることは永遠ではない。それは近い将来我が身にも起きること。

別府の実家に行った。今はオヤジもいない。94歳のオヤジは入院中。そしてその後は老人ホーム。実家のマンションは空虚に時間がすぎている。人気のない部屋は空気が違う。30年近くの賑やかな時と思い出が嘘のような静けさ。

悩ましい白あんづくり

大手亡(白インゲン)を30キロ購入した。2度ほど白あん作りに挑戦。うまくいかない。問題は皮の処理。皮があると、しっかり煮ても潰しても口当たりが悪い。ざらっと感が口の中に残る。だから、皮をむく作業ををしたが、全て皮が取れなかったようだ。一度目よりも随ぶん良くなったがそれでも少し口当たりが悪い。裏ごしをし、水の中で沈殿させるようなことをすれば良くなるのだろうが、私の頭の中にあるのは、とにかく手間をかけずに美味しい白あんが出来る方法なのだ。

どうすれば簡単においしい白あんが出来るのか。小豆の餡子(粒あん)は、長年の研究の成果でまずまず美味しい餡子が出来るようになった。しかし白あんの場合強敵は豆の皮。この皮がとてつもなく強い!時間をかければ出来ることは分かっているが、それはいまでも忙しすぎる「自家製手作りの店オニパンカフェ」にとって禁じ手。

そこで、スタッフの川野さんが白あん作りの研究に手を上げてくれた。

砂糖にサトウキビを原料とする粗製糖を使っているので色は茶色に。なかなか美味しく出来ている。しかし、商品としてはあとちょっと。ほぼ完成なのだが。さらに挑戦してくると川野さん。期待しています。

どなたかいい方法ないでしょうかね。皮をむく簡単な方法とか。剥かないでも柔らかくする方法とか。

おいし~い梨のエキス(ジュース)  リンゴのエキスはいりませんか!

自家製手作りが売りのオニパンカフェ。大量の梨やリンゴをコンポートしています。梨は庄内小野農園の上等な豊水。リンゴは3日前に信州から送られてきた紅玉。コンポートするたびにたくさんのエキス(ジュース)が残ります。美味しくて捨てられず、冷蔵庫でスペースをとっています。それがどんどんたまっていき、いつも困っているのです。エキスと言っても、砂糖やレモン汁も入っていて、薄めればジュースになりますし、ジェラートみたいな物にも工夫すれば出来るのでは。私にはそんな才能も時間もなくてスズメバチのえさにするくらいです。以前は網リンゴのエキスを配っていたこともありました。お肉などを炒めるとすごく美味しくなります。工夫して使っていただけるとこちらも嬉しいし。リンゴや梨はとても高いものだし、この物価高のご時世、捨てるのには忍びない。これからもどんどんエキスができます。必要な方、利用してやろうと思う方は気軽に声をかけてください。

高齢者を自覚し、健康に気をつけよう。

自分の年齢がいってくると、当然知り合いも高齢化するわけで。塚原に来た頃、全てが新鮮で、目にするものは光り輝き、出会う人たちの生き生きとした表情は鮮烈だった。そして15年の歳月が過ぎた。自然は相変わらず美しく季節の色彩を放っている。けれど、周りの人々はずいぶん変わってきた。当たり前なのだが、話す中身もずいぶん変化した。ほぼ、健康の話し。半ば諦めながら、ほぼ納得しながら、老いと共存している人たち。よく言う私もその仲間の一人なのだ。

先日、病院に行った。運転していると、しばしば、指が痛くなる。リュウマチなのかな。結果は違った。血中糖度が上限の2倍。中性脂肪も高かった。もしかすると、指のしびれや痛みは糖尿病の予兆か。

この間、といっても2~3ヶ月、いや4~5ヶ月くらいか、しゃにむに甘い物を食べた。頭を使うからか、ストレスからか。最近は夜もお菓子をボリボリ、ビールの当てにまんじゅうとか。甘い物依存症?

まさか自分が糖尿病になろうとは(予備軍かも)。こんな生活をしていたらそうなるのか。そこで決断。大好きな甘い物を控える。もっと運動をする。

病院の先生から「玄米ご飯がいいですよ。」と言われた。

そうですか、と答えながら、我が家の朝ご飯が頭をよぎる。

これはほぼ毎日の朝ご飯。玄米ご飯に納豆。豆腐やサヤエンドウ、いりこ、のり。そして大阪時代からの30年物のヨーグルト(ず~っとママが菌を継ぎ足している)。これで私の体が持ってきたのかも。

しかしさすがの甘いもん攻勢に体は参ったのだろうな。病院の先生は「お菓子は百害あって一利無し」と言い切った。まあそれは言い過ぎだろうが。パンだってその仲間に入るもんなあ。

ママにありがとうと言わないとね。しかしママもしばしば甘い物を食べてるよな。あぶないのでは。

オニパンを細々でも長く続けていくために、食事と運動には気を遣わないと行けないな。

信州より 紅玉届きましたよ! いよいよアップルの季節です

ありがとうございます。友人の﨤町さん(オニパンのリンゴ助っ人、そして自転車女子)より紅玉が届きました。自転車女子 オニパンへ来訪 ~文化と人生をお土産に持って | オニパンカフェ (onipain.com)ご参考に。

第一便。段ボール一箱に60個くらい入っています。例年4回くらい紅玉を送ってもらっています。この紅玉は、ジャムにするとほんとうにおいしい!パイとしても秀逸。酸味がなんともたまらなく美味しい。上品ですよね。早速ジャムにしました。

ジャムとコンポートの中間。これでパイも出来ます。味はうま~!!本日より、アップルシナモンも今年初お目見えです。じゃんじゃん送ってもらって、アップル系のパン作ります。オニパンでは最も人気の高いアップル系デニッシュ。季節到来!

昨日の移動販売でうれしい話題がありました。ご紹介します。

青葉台住宅街でのお客さまに4歳のお子さんがいます。以前も紹介した子です。先日の「線路シタの夜市」にも来てくれたのですが、その翌日にお店でミニカーを購入してお母さんとオニパン号を作ってくれました。

4歳ながらその専門的な能力には恐れいります。移動販売車の趣味は以前より聞いていましたが、最近は「オサカナくん」の影響で、魚の勉強にはまり込んでいるそうです。いろんな魚の名前や特徴を知っているだけでなく、料理もするそうで。先日は親と魚釣りに行き150匹のアジを釣り、おばあちゃんにそのさばき方を教えてと言ってきたとのこと。包丁を持つのは危ないからといっても聞かず、内臓を出し、きれいにさばくのだそうです。20匹くらい一人でしたそうで、その包丁さばきにおばあちゃんも驚いたと私に言っていました。オニパンカー 熱烈ファン現る | オニパンカフェ (onipain.com)参考までに。