佐賀関へ 甘夏の買い付け

大量に購入した甘夏が底をつき、また買い出しに行ってきました。予約しておいた大量の甘夏。今回が最後になるそうです。

暑~い暑~い大分市を通り抜けて佐賀関までやってきました。都代表に「しかし暑いですねえ。」と通り一遍の時候の挨拶。すると代表は「そうかえ、ここは涼しいで」との返答。あれれ・・・待てよ、そういえば・・・。確かに涼しいな。

車に戻って気温を確かめると、なんと27度!いやあl佐賀関って涼しいんだ!

目の前に広がるきれいな海岸。なるほど、海風もあり、背後は即山になっている。こういう地形やそこから来る気候が、おいしい甘夏を作っているんだろう。しかし驚いた、塚原より涼しいかも。

帰り道、すぐ近くの「関あじ・関さば館」に立ち寄り、遅めの昼ご飯を。

目前の鳶島(とびしま っていうのかな)を見ながら、りゅうきゅう丼を食す。おいしい!さらに佐賀関の道の駅で「やぎソフト」を食す。これは、前回の甘夏の買い付け時に知った「名品」。牛のミルクよりも、濃厚に甘い。好き嫌いはあるだろうが、私にとっては、癖になりそうなおいしさ。「佐賀関と言えばヤギソフト」っていうことで、みなさんも是非ご賞味を。楽しいプチトリップだった。

休日も仕事ばっかりと考えれば、気が重くなる。しかし考えようで気は変わる。甘夏の買い出しは、「佐賀関ゴージャス癒やしの旅」そして、土木作業や小麦の刈り入れは、「無料巨大メカ操縦遊戯」。

と言うことで、前回は雨で流れた「無料巨大メカ操縦遊戯」を、暑い中実行。ちょっと時間を遅らせたので少しは涼しかったかな。

じいさんの小麦畑は、長らく雨の中、雑草がたわわで、茶色の小麦の方が目立たない。オニパン畑より刈り取りがむずかしそう。しかし、亡きじいさんのことを思い浮かべながら、供養収穫を実行。コンバインの練習にはなった!

そして、オニパンのメカ技術者「マサ君」は、私が小麦の収穫作業の間、一人でユンボを使って土木作業。これも、彼にとってユンボの練習になったようだ。もう「初級の中」クラスの腕前になっているかな。

畑の悪魔 ワルナスビ(デビルトマト)

今、オニパン畑が入っている「園田ハッピーファーム」に恐ろしい雑草が入り込んでいます。その雑草について、今まで全く知識もなく、困った雑草だという認識程度でした。園田ハッピーファームは広さが6反ほど。中央に高い木が(杉)が東西に繁っており、その木々を境界に上畑と下畑に分かれています。私は下畑を使ってきたので、上畑のやっかいな雑草の直接被害には遭っていませんでした。上畑を使用していた初代の方はその雑草を「エイリアン」と呼び結局2年で畑から撤退。その後次の方は辛抱強く3年ほどがんばっていましたが、その方も高齢で畑から撤退。そして現在、新しい方が「エイリアン」が増えて困っているので、ユンボでなんとかしてくれないかと依頼してきました。

確かに、以前にまして広がる「エイリアン」。ユンボで3分の一程度地面を剥がしました。気になって家に「エイリアン」を持ち帰り、ネット検索。すると恐ろしい事実が。

見た目にはかわいらしい花をつけたナスビのような雑草。これを引き抜こうとすると

 

このトゲ!痛いですよ。軍手の上から突き刺さります。抜くのが面倒なので、私はトラクターで掘り返してきました。ところどころにぽつんと咲いていた「エイリアン」をめがけて。実ができ種が拡散されるのを防ぐために。

ミニトマトのような実。調べるとこの実に100個ほどの種が。恐ろしい!これが畑に広がると大変だ。ナスビ科なのでナスビやジャガイモなど植えると連作障害で被害が出るとのこと。さらに怖いのはこの種は恐ろしくタフで、100年間経っても芽が出るそうな。だから実ができる前に駆除せねば。

駆除の仕方は、一本一本丁寧に引き抜くこと。それにはワケがある。ワルナスビは種のみで増える雑草ではないからだ。なんと、なんと、なんと、・・・・・・

地下茎があり、地面の中で横に根を伸ばしているそうだ。その地下茎から芽を出すと言うからその生命力は確かにエイリアンそのもの!

じゃあ、その地下茎をぶったぎってしまえばいいじゃないか。と思うのでしょうが・・・。だからユンボやトラクターの登場だったのですが。

恐ろしい新たな事実が判明。それはその地下茎、1センチもあれば芽を出すという。耕せばが耕す程に畑にその子どもたちが広がっていく・・・。まさにデビル、エイリアン!

根気強く、何年もかけて、戦うしかない。

だから最初に見つけた時が勝負なんです。畑をやっている方はみなさんご存じなのでしょうが。私は今の今まで知らなかった。

朝起きて気がついた 祝14周年

仕事に入る朝4時のこと、携帯のメール着信音。こんな朝早く何事かと思って見ると、大学時代の後輩から「祝14周年」とのタイトルでメールが届いていた。そうか、今日はオニパンの創業記念日かあ!(先ほどママが「違うで今日と」と言われた。なるほど28日だった。私も後輩もちょっと危ない)

まあ、正解は28日だったが、その日は休みでもあるので、本日それにまつわる記事を書こうと今パソコンの前に座っている。

塚原に惚れて、ここで暮らそうと思ったのが25年くらい前か。そして16年ほど前にこの土地にログハウス(小さい)を建てた。ママと二人で、あるときは友人にも手伝ってもらって。

今ではお店の方からは木々でほぼ見えない由布岳もお隣の「忘路軒」さんも見えている。自力で基礎を打ちログを建てることが出来た。この写真は「原点」って名付けている。

そして2年後お店をオープンした。

この写真は塚原の友人熊谷さん(現在ブルーベリー農園オーナー)が撮ってくれたもの。綠の芝生がきれいだったなあ。オープンの日、大阪から私が所属していた「太鼓サークルどっこい」の有志たちが駆けつけてくれた。

まるで技量のない私を助けてくれる近所の人や親戚。

出せるパンがあまりないのに、お客がたくさん来て「人生最大の危機」と思った一日だった。

そんなあぶなっかしい初日からほぼ一年近く過ぎた頃の写真か。通販で大阪の友人のお店に食パンなどを送るときのラベルシールに使った私とママの写真。

まだ老人には見えない。55歳の頃。

よく続いてるなあと思う。この頃(13年前)は、パン作りも下手くそで、パンもあまり売れなくて、仕事が終わってからもいろんなところにパンを売りに行ってた。とにかく石にかじりついても3年は続けなくてはと必死だったなあ。みんなにパン屋になると公言し、早期退職した身の上で、「やっぱりな」なんて目で見られるのはいやだった。

3年たった時、「石の上にも3年」の意味がわかった。3年たたないと基礎がみにつかないのだな。3年たってやっとパンらしいものが焼けるようになった。お客さんも増えてきた。最近のInfoで「諦めないでよかった!」と書いたが(小麦の収穫)、本当に大事なことは「諦めないこと」いいかえれば「継続すること」。「継続は力」と言うけれど私は「継続こそ力」だと思う。継続してないことは何の力でもない。

辛かった東京での修行時代。修業先の社長(あこ酵母の創業者)が、悩んでやめようとした私に「パンだけを見なさい」と叱ったことを思い出す。あれやこれや人間のこと、体のこと、悩み気持ちが萎えてきていた私。何のために修行しているのか目的を見失っていた。その言葉を頼りに、なんとか持ちこたえることが出来た。

出来れば、まだまだ頑張ってパンを焼き続けたい。ほそぼそとでも。きっとママも同じ気持ち。オニパンをこれからもよろしくお願いします。

OBS「おはようナイスキャッチ」の取材で

昨日のOBSでの移動販売にて。7月最初の月曜日放映だとか、取材があった。テレビ慣れしてしまった私。どうってことなくペラペラしゃべる。しかし、最後の質問で、答えに窮した。「おすすめって言ったら、全てかもしれませんが、特に今何かと言われたら?」みたいな質問。どうしよう、ナンの打ち合わせもなく、急にそんなこと聞かれても。一瞬空白。

そこで口に出てきたのは・・・「さ、サンド・・ですかね。」その前の、オニパンさんの特徴はと言う質問で「自家製、手作りの追求」と答えたし、その路線から言えば「サンド」なのかと口にした。

確かに、サンドは具材をたくさん用意している。①ツナ②卵マヨネーズ和え③豚野菜のきんぴら④鶏ごぼうのサンドイッチ。それに加えて⑤手作りハンバーグのバーガー⑥ツナドッグ⑦手作りスモークベーコン入りのバンズ⑧ベーコンとポテト、野菜のフランスパン。なんと8種類のサンド系調理パン!まさに自家製・手作りの殿堂ともいえる品々だ。この具材を作るために澤井さんや安形さん、ママたちががんばっているし、仕上げには必死の形相でママやマサ君が取り組んでいる。おいしいと評判でもある。だから今一番の売れ筋となっている。「サンドのオニパン」というキャッチコピーが出来そうな勢い。ちょっと言いすぎか。

ここに載せていない「ベーコンサンド」と「ベーコンポテトフランス」は長い間オニパンの定番人気アイテムです。

と言うことで、7月4日(月)「おはようナイスキャッチ」をチェックしてください。(もしかしたら日にちが違うかな)

暑~い 移動販売

昨日は本当にムシムシした暑~い一日でした。塚原は標高600数十㍍在るし、綠の高原だからそうは感じないのだが、移動販売をしていると世間の暑さが体験できる。

暑い原因の一つとしてコンクリートがある。土とコンクリートの違いは大きい。移動販売をする場所はたいがいがコンクリート舗装された駐車場とか。日差しがあると照り返しもある。石は蓄熱性が高く、暑さが熱として蓄熱され、触るとやけどしそうになる。移動販売をしていて一番暑く感じる場所はOBSの駐車場だ。広くて囲いもなく焼けた石の上に乗っているみたい。昨日の帰り道は10号線。

 

エアコンを使っても車の中は暑い!気温は?と見ると・・・・

なんじゃこりゃ。アスファルトのなせる技だろう。

テレビのニュースでは、大分は35.何度かで全国5位だったそうだ。道路上はさらに暑い。そんな中、道路工事をししている人たちを見かけたが、ご苦労様ですと言いたくなる。私もこの夏を乗り切るために、気をつけよう。

ここでいつもの告知。