体が足りない休日

知人からは「年やから無理したらだめやで」とか「ちょっとゆっくりせんとね」とか、「働き過ぎやで」とか「そんなに稼いでどうするん」とか・・・言われる。最後の一言は全く根拠のない発言だが。

温かい忠告だと受け止めるが、自分だって好きでこんな状況をやっているわけではない。もっとゆっくりしたい。もっと寝たい。もっと運動したい。いろいろとやりたいことはある。

そんなことを言っておいて、さて、今回の休日、実に忙しかった。

二日にわたって小麦畑の肥料散布。今年とれた小麦で作った食パンを休日の朝食べている。とてもおいしい。だから、小麦の世話に力が入るわけだ。

硫安10キロ散布の予定だった。しかし、コメリに硫安がなく、窒素量2倍の尿素を購入。5キロ散布したが少し足りず、翌日昨年の残りの尿素を追加で散布。ちょっと一安心。

前回デニッシュペストリーの国産生地化、これで完成!みたいなことを書いていたが、まただめだった。12月からどれだけ失敗を繰り返してるのか。それで、日本パン技術研究所の原田先生へ電話する。この先生には、困ったときにいろいろと世話になっている。オニ酵母の製造過程でも大きなアドバイスをいただいたことがある。先生曰く「ブレンドする場合、含有タンパク量を計算して粉を選別する必要あり。デニッシュは強力粉と薄力粉を混ぜるものだという古い観念にとらわれてはだめ。」と鋭くアドバイスされる。な~るほどだ~!

とらわれていた!薄力粉を混ぜないといけないという固定観念。よって新たに再々再々再々スタートを切る。

さて、お客様に約束していた「干し柿パン」の期限が切れそう。新年の早いうちに完成させねば。ただ、そのお客様はそのことを憶えているのだろうか。一向に現れない。スタッフのマサ君が完成させたクリームチーズを入れた全く新しい発想で「干し柿パン」を作るぞ~。休日の朝ヒラメイタので報告しておきます。再来週くらいに「新作発表」いたしますよ。

休日何が忙しかったと言えば、市役所でいろいろと相談事を。

市役所っていろいろと相談にのってくれるんですね。農政課、農業再生委員会、農業委員会と3カ所回った。それぞれに親切な対応。大変ありがたかった。あっそういえば今日はその由布市庁舎への移動販売がある。また新たな気持ちで販売できそう。

そして、法務局へも。ここでも高齢の職員さん(おじいさんに見えたが、ここで働いているということは、私より若いんだろう)に親切に教えていただいた。

本当に忙しい休日だった。しかし、世界は広がったなあ。いかに自分の世界が狭いのか垣間見えた休日。

生地について

パンのおいしさを決める要素。っていうのは何だろう。誰もが考えることは「うまみ」「味」。私もそう思ってきた。しかし、10数年前(パン屋を始める前)に通った日本パン技術研究所での講義の中でこんなことが言われていた。

「パンのおいしさを決める要素として味や食感がある。味でおいしいと思う人は2割。食感でおいしいと思う人は8割。」

え~!!!

これは衝撃的だった。はたしてこの数字は正しいのかどうかわからないが、しかし一定の真理がありそう。私はパンを作るとき「食感」を常に考える。当日食べるとおいしいのに、翌日はパサパサで全く別物に変身するパンがある。オニパンは全く食品添加物を入れない。あっさり、シンプル。粉と塩と酵母と水だけのパンもある。だから、そんなパンは日持ちしない。

また小麦のグルテン量や質によって、ふわっとふくれたり、ずしっと重かったりもする。パン屋をするまではこの小麦の違いがあまりわかっていなかった。しかし、最近はほとほとこの小麦の違いに喜んだり泣かされたりしている。

新年度より取り入れている「湯種生地」は、生地の食感にあたらしいステージをもたらしてくれた。カレーパン、クリームパン、桜あんパン、ドライトマトパンに使っている。最新作のドライトマトパンは湯種生地に変えてまったく別物になった(以前は今ひとつ)。これはおいしい!私は感動している。

そして、小麦の組み合わせで苦労しているのがデニッシュ。全て国産小麦のパンにするというテーマで一番やっかいだったのがデニッシュ。今まで使ってきた外麦がとても優れていて、それに匹敵する国産小麦が見当たらない。昨年何度も何度も試作を繰り返し、失敗続き。しかし、たぶん、きっと、今日の試作で完成するのではと思っている。最近のInfoでうまくいったみたいなことを書いたが、そうでもなかった。まだ試作は続いている。これも、生地の膨らみ方による「食感」の問題。そして味もあるが。

小麦によって、微妙なうまみの違いがある。たとえ大きく膨れてくれたとしても、食感がよくても、味に満足できない場合もある。デニッシュはクロワッサンを食べるとよくわかる。今日の試作は3種類の国産小麦のブレンド。昼からその生地で清家さんがクロワッサンを作ってくれる。

神様~たのんま~~すぅ~~!!

音楽のある生活

最近スポティファイという音楽供給ネットサービス(こんな言い方あるのかな)に加入した。スポティファイは以前より無料で聴いていたのだが、有料でプレミアムプランにグレードアップ。プレミアムで聴いていたところママがうらやましがり「私もそれで聴きたい」と言い出した。プレミアムプランだと広告無しで自由にいろんな曲やアーティストが選択できる。そしてそれらの曲を保存できてネットにつながなくてもいつでも聴くことが出来るようになる。つまり、CDをいくらでも購入できるようなものだ。

さらにスポティファイの便利なところは、例えばジャズを聴く場合でも「女性シンガー」別、ソフトなジャズ、~年代のジャズ、明るいジャズ、ボーカルのジャズ、ナットキングコールという人のジャズ、・・・・などと選択選別が出来るからすごい!

私はこの間女性シンガーのジャズボーカルを聞き比べ、それぞれの歌い方の違いや個性、魅力度などずいぶんわかってきてた。こんなことが出来るのはスポティファイだから。いちいちCDを購入して聞き比べるなんてできない。

今まで聴くことが出来なかった浜田省吾さんのいろ~んな楽曲を移動販売車の中でどれだけ聴くことが出来るか。ほんとうに贅沢すぎる至福のひととき。

休みの朝はほぼクラシックで始まる。最近はブラームス。そして夜は静かめなアコースティックなロックミュージック。今日この頃、我が家では音楽に満ちあふれた暮らしとなっている。

さて、明日は初めての移動販売場所、明治安田生命さんだ。がんばろう。

移動販売 明治安田生命大分北営業所へ

TOSに続き大分市二叉町にある明治安田生命営業所への移動販売が決まりました。そして早速挨拶へ。営業所の立地は交通量の激しい210号線の羽屋交差点のすぐ近くに。お隣はスターバックスコーヒーでした。

どうしてここですることになったかというと・・・。ここの社員さんが移動販売先に何度も現れて、熱くオニパンを語り、うちの会社へ来てくれないかとお誘いしてくれたわけです。他のパン屋さんなども来られているらしく、あいている曜日が月曜日だとのこと。そこで私も迷ってしまいました(月曜日はどちらかというと安息営業日)。さらに、11時頃までに来ないと社員さんが出かけるとのこと。さらに迷いを深めました。そんな時間に塚原からここにパンを持ってこれるのか。

その方(Tさんと呼びます)は、それでもまた移動販売場所へ度々現れました。私もなんとかならないかと思考を重ねました。考えればいろいろと案が浮かんできます。10時20分に塚原出発するために、スタッフと協議を重ね、策を練りました。その結果ゴーサイン。

昨日会社へお伺いしていろいろと思うところがありました。

部長さんやTさんの同じチームのマネージャーさんがきちんと対応してくれました。話を聞くと、Tさんは私の渡したチラシをその日のうちに社内に回し、準備をしてくれていました。外部のパン販売の一オヤジへの丁寧な対応、スタッフのオニパン販売での会社への申し入れ(Tさんが自分の思いで動いている)に対するホロー、すごいなあと感心しました。

ちょっとわかりにくい文章になっていると思いますが、普通こんな動き方はできないものです。Tさんの行動力、相手を動かす力、社内での提案や賛同を得る力、それに対して周り(上司を含め)の対応、さらに見知らぬ販売のオヤジへの対応(二人とも、名刺を差し出して丁重な言葉遣いで)・・・。

日頃、こちらの親切心や気遣いに対して、裏切られるようなことが多いのですが、ホント驚きです。営業をされている方たちの人間力というか、ひとへの信頼の深さというか・・・。そうでなければ、見知らぬ人を動かすことは出来ないなとあらため思い知らされました。営業マンリスペクトです。営業している人たちは鍛えられています。

TOS移動販売 休日のお誕生日の件

どうなるかと思って行ったTOSの移動販売。前日の下見のおかげで混乱することもなく無事完遂。初めてでどれだけのお客様がいらっしゃるのか、そのためにどれだけのパンが必要となるのか・・・等々不安ではあったが、これはいつものことで、やるっきゃないの出たとこ勝負。昨日は、新スタッフのマサ君の活躍もあり、いつも手間取るサンドイッチが早々にできあがる。11時30分の販売スタートにも10分早く到着。受付に到着を告げると、館内放送でお知らせしてくれた。ほんとありがたい。これはOBSでも同じ。放送をが入る前から一人のおじさんが登場。知人のKさん。いつ来るかと待っていたそう。ほんとありがたい。

初めてなのに、オニパンのことは知っている方が多くて、とてもフレンドリーな対応。放送局はなぜか若い女性が多いな。40分近くいたが、たくさんの方に買っていただいた。多謝。

さて、話を前に戻そう。休日の火曜日は私の68回目の誕生日だった(この数字の響きにがっくり)。誕生日はめでたあいということで、豊後大野市へ。ドライブを兼ねて小麦の製粉。今回はお誕生日ということもあり、ママが気を利かせて付き合ってくれた。二人で製粉の合間に昼食。ココはブ~だった。食の仕事をしている関係からか、味が気になる。そして接客も。気を持ち直して、帰り道、ラムネ温泉へ(ママの提案で)。

うん、これは正解!何度か来たが、ここはいい!ゆ~っくり温泉につかった。疲れが癒やされるなあ。帰りに一枚のポスターが目に入った。

川端康成さんの字の横に並ぶ原田君のポスター!大学の同級生。すごいなあ、展覧会が過ぎているのに、張ってある。確かにインパクトありのラムネ温泉に似合ったポスターだな。

帰り際に、ママがまたいいことを言う。「夕食は湯布院に帰って玉ちゃんへ行こうか。」。

私は玉ちゃんが大好きで、玉ちゃんに行こうかと来ると返す返事にNOの選択肢はない。

夢みたいだった。この鯛の味噌汁のうまみ!そして初めて食べた「このしろ」の酢じめ。脂がのっていて、うまい~!やはり玉ちゃんはいいなあ。

この喜びを独り占めは悪い悪い。一生懸命働いて、他人様にお返ししなくてはね。