アプリコット・ベリー登場!

「なんとか立て直さねば」が昨日のInfoのテーマ。杏に多めのグラニュー糖をかけて、一晩おいた。すると良い感じに甘みが着いてきた。これだったらいけるぞ。そして初めて使う丸形の抜き型。これも良い感じで、デニッシュ生地が、縄文土器的な紐を重ねたお皿のように焼き上がった。そして杏とブルーベリー、下地はホイップ。こんな感じになりました。

夏場、冷やして食べると美味しいのでは。色合いが少し物足りない。ミントを乗せようと思います。名前は「アプリコット・ベリー」にしました。新登場のデニッシュです。今まであった杏とクリームチーズのデニッシュ「アプリコット・チーズ」の姉妹品となります。こちらの方が、軽く爽やか。酸味と甘みのフルーツデニッシュ。よろしくお願いいたします。245円です。

試作 思索 恣意作

あ~うまくいかん。せっかくいただいた杏なのに、全く予想外れの出来。しかしなんとか立て直さねば。まだ救われたのは熊谷牧場のブルーベリー。本当にまろやかでおいしい。蜂蜜や焼酎などもつぎ込んだ杏の蜂蜜漬けを液からすくい取り、グラニュー糖をまぶし、少し甘さを加えた。そして、ブルーベリージャムとのコラボでデザインしてみた。

食パンキャンパスの上に置いてみる。そして食べてみる。ホイップとブルーベリーはおいしい。杏はまだ酸っぱい。しかし、デニッシュ生地やカスタードと一緒に食べるといけるかもしれないな。

清家さんと相談し、デニッシュ生地は新しい丸い抜き型で成形することに。とりあえず本日日曜日、新作が登場します。

この杏蜂蜜漬けを作った液体。大量。杏からも出てきた水分もあり。水を使う必要があったのか。次回はもっと考えねば。

濃くて甘くて少しアルコールが。薄めて炭酸で割ると相当美味しい。しかし、糖分を控えねばならない糖尿予備軍の私。ほしい方にをはおわけしますよ。

玄米食パン じわり人気

「食パンのオニパンかオニパンの食パンか」最近私の中でこんなキャッチコピーが流行っています。オニパンの食パンは5種類。その中で異彩を放っているのが玄米食パンです。

こだわり中のこだわり。原材料が、国産小麦粉・焙煎有機玄米粉・有機雑穀米・太白ごま油・お塩・湯だね生地。ご近所の糖尿病の方のために独自製法で考案。それが12年前くらい。それから進化を続けてきました。最近、雑穀と湯だねを追加してから味や食感が良くなったのか、リピーターが増えています。一度試してみてください。

食材・・・レシピ・・・

デニッシュは特に季節の味わいが出てくるアイテムだ。りんごが終わり、いちごが終わり、現在は甘夏を中心に作っているがもっとメニューを増やしたいところ。別件の用事で出かけた塚原のブルーベリー農園熊谷牧場。そこで冷凍のブルーベリーのストックがあると知った。早速購入。ただ、とても高級なものなので、使い道を考えなくてはと思っている。

とりあえずジャムにしてみた。味が濃くて舌触りがオニパンのブルーベリーとは違う!まろやかだ。実がふっくらと大きく果肉が多いからだろう。パイ用にと思って購入したが、添加物なしでは固まらず、固めようとすると量が少なくなり味も濃すぎて使えない。う~んどうしよう???

話しは変わるが、さらにもう一つ食材が手に入った。これは高校時代の同級生が毎年オニパンのために提供してくれている杏だ。

家になっている杏だが、今年のものは例年になく豊作でしかも実がきれい!量も5キロほどいただいた。ありがたいの一言しかない。食材不足の時だけに。この杏、例年はジャムにしていたが、もっと素敵なものはできないか考えた。

うまくいくかどうか分からないが、杏の蜂蜜漬けに。それに、先ほどの高級ブルーベリージャムをコラボしてデニッシュにしてみようか。

お楽しみに。きっと今までにない美味しいデニッシュがうまれるかも・・です。

忘路軒(オニパンの隣)のご主人は・・・

塚原の隠れ名所(?)で有名な「忘路軒」。創作料理、自家栽培の野菜・・・。一度行くと、そのおいしさとお店の雰囲気に感動し、予約が取れないほどの人気店。最近はご主人が2度の脳梗塞で体力が減退し、営業は控えめ。ご主人の名前は阿部英二郎。個人情報漏洩みたい。でも心配しないでください。この方は、とても有名な方なのです。

塚原に引っ越してきて一年目。阿部さんは血気盛んな方だと知った事件があった。よく吠えるコリー犬のコースケが忘路軒の方に向かって吠え続けた。その後、阿部さんが血相を変えて、犬がうるさいと怒鳴り込んできたのだ。ひたすら謝った。きっと、彼が、一人芝居をしている最中にコースケがうるさく吠え、きっと集中出来なかったんだな。阿部さんは、吉四六話をいくつもネタに持っていて、その面白さといったら・・・まさにプロ!と思っていた。大分県の吉四六話のCDを、大阪にいる時から持っていたが、そのCDの吉四六さんの声は阿部さんだと知ったのは塚原に来てしばらくしてから。阿部さんはただ者ではない!

そして、今週の月曜日、2年ぶりくらいに市民劇場へ。月曜日は明日が休みなので、重い腰ではあったがたまには行かねばなあと思ってパンフレットを見る。

俳優座。うん、まあまあだなあ。しかし、「反応工程」という劇、戦争の問題をテーマに平和の尊さを説くみたいな・・・。とても大事なテーマなのだが、重い、重い・・・・疲れた体と精神はそのテーマが重い。やっぱやめようか。作=宮本 研・・・?????!!?!!!!。ありゃ、どこかで聞いたぞ。もしかして以前阿部さんが良い作家だと言ってた人かな。待てよ、移動販売の青葉台住宅街で常連さんのオキベさんが東京で会ったことがあるとかも言ってた作家だ。大分商業の先生を数年やって、その後東京に出て劇作家になった人だ!

パンフレットをめくると・・・・・!!!!

ゲゲッ!阿部さんが寄稿している。阿部さんは大分商業で演劇部だったのかあ。そのとき宮本先生に出会い、その後もまたもや偶然劇団でご一緒に。そして、今回観る「反応工程」の主役である田宮役を阿部さんがしていたとは。昔千代田公会堂で阿部さんが演じた劇なのだ!私は観る前から体が震えてきた。

もう迷ってなんかおれない。そそくさとビーコンプラザへ。劇場の扉のところに阿部さんが立ってお客さんを出迎えていた。私は「阿部さ~ん!」「今日の主役やるんやろ!!」と思わず口に。阿部さんは「今から67年前にな。今日は、現在の主役と67年前の主役で一緒に記念撮影した。」と嬉しそうに言っていた。

劇は、とても良かった。あの敗戦前のギリギリのところでも、三井財閥は国に武器を売り学徒や国民に戦争をけしかけ、お国のためにと働かせながら利潤を追求していた。戦争って本質のところは国民同士のいがみ合いや宗教の問題などと違うところで動いている。現在も同じだ。自衛隊基地を地下に移動し、武器を重装備し、アメリカの兵器を爆買いする。すべては軍需関連産業が国を使って利益をうるために動いている。わかりやすい話しだ。社会保障や教育予算は金をどこから出すのかという論議はしても、防衛予算は青天井で予算を組む。本当に腹立たしい。

阿部さんの半生を思いながら劇を観た。どんな思いで田宮役をしたんだろうな。67年前!  民主主義が高揚していた時代。それからずっと演劇活動を続けてきた阿部さん。すごいなあ!!涙が出そうだ。