モルダー修理

パン製造の設備にモルダーという機械がある。聞き慣れない名前かもしれないが、この機械は相当重要なポジションにある。役割は生地を伸ばす、丸める。普通、めん棒という太鼓のバチのような丸い棒で生地を伸ばす。パン教室での大事な技術。めん棒を上手に使えるか否かは、パン作りにおいて大事な要素だ。だから、私もパン教室に通っていた頃、どうしたら先生のようにうまく生地を伸ばせるか試行錯誤の連続だった。

パン屋は大量のパンを作る。だから、めん棒で生地を伸ばす場面は思ったほど多くない。それよりもはるかに効率の良いモルダーを使う。めん棒で伸ばす時間の10分の1のスピードで伸ばす。さらに、伸ばした生地を丸めることも出来る。それがすごい。食パンを作ったことがある方は想像できるだろうが、食パンの成形は、まず平たく生地を伸ばし、それを折ってさらに丸める。多分早くできたとしても1~2分はかかりそう。それをモルダーは5~6秒でやってしまう。モルダーがなかったらオニパンは成立しないくらいの大事な機械なのだ。まあ他の機械も大事だけれど。

そのモルダーの調子がず~っと悪かった。だからそれなりに修理をしてきた。が、限界を迎えた。

針金でダイヤルのようなノブを固定しているのは大分以前に修理した跡。しかしその固定部分がぐらつき、生地の厚さの調整がむずかしくなってきた。本来は、裏側からビスで留めているようだ。溶接の技術があれば、固く固定できるのになあ。修理を頼むとすぐにうん万円かかる。それはいやだ~!!だから自分でできるだけ修理する。でもどうしたものか。この休みに挑戦。アーでもないコ~でもないといろいろやってみる。

3時間は粘った。すると、どこがおかしいのかだんだん分かってくる。これがダメならばこーすればいいのかな。みたいな感じで、原始的に針金や金具などをはめ込み徐々に機械がまともに動き出す。

どうだ~!!みたいな感じで、針金技術。やれば出来るものだ、固定された!!うれし~!!超嬉し~!!!

この原始的修理で多分ほぼ半永久的に使えそう。こんなやり方で先日修理した設備にオーブンがある。オーブン扉のバネが折れて、扉が閉まらなくなった。扉は厚い鉄で出来ていて、とても重い。そんな扉が急に開き落ちてくると、顔などに当たれば大変なことになる。その修理を設備屋に聞くとまた高い金額を言ってきた。ついでに言うと、設備屋は「よくこのオーブン持ってますね。もう30年くらい経ってますよ。寿命ですね。」みたいなことを。もう金属疲弊していて、潰れかけとのこと。しかし、そのアドバイスは聞かず、自分で修理。

こんな風に、20キロ以上に耐えるバネを専門店から探し、2カ所に取り付けた。これで、あと10年は持つだろう。

必要は発明の母。まさにこれだ。そう言うと聞こえがいいが、貧乏性というのが一番の原動力かもしれない。

今度こそ 浜省・ユキノ

昔の人(中高年)は、浜省をご存知の方が多いのでは。でも、浜省は今もバリバリの現役なのです。2年ほど前からか、私は松田聖子と別れ浜省に乗り換えています。松田聖子さんとのお付き合いは、私が東京でパン修行をやっているころから始まりました。傷心の心をあの天使のような歌声で慰めてくれて以来、10年以上のお付き合い。ほぼ毎日聴くくらいの熱い関係。

浜省さんは調べると学生時代の同学年。彼は一浪だから、年齢は一つ上になる。高校時代から社会に関心を持ち、世の中をまっとうにとの意思で神奈川大学の法学部に入学。しかし当時の大学紛争に巻き込まれ、2年で退学。というよりも音楽の世界への思いの強さからミュージシャンへ転身したのでは。彼の楽曲はだから、ずっと社会との関わりを大切にし、世界の不条理、平和の大切さや人への愛をテーマにした楽曲が中心。特にラブソングはグッとくる。人が幸せに生きるために何が大切かを訴える。

聖子との別れからほぼ毎日浜省(浜田省吾)を聴いてきた。浜省の人柄や人間性が本当によく分かってきた。同学年とはいえたいした人。いまも大きな影響を社会に与えている。そして私のような人間に強く影響。生きる力をくださっている。本当にすごい人、すごいお方。浜省のコアなファンは、そんな浜省の人間的魅力に引きずられ人生をともに歩んでいるのだと推測する。

こんな書き方をしても、知らない方にとってはどうでもいいことだろうが。今ひとつ付け加えておくことがある。それは浜省が初めてプロデュースしている中嶋ユキノさんという女性がいる。この方と知り合ってから、浜省並みに熱い関係になった。一言で言って素晴らしい。ありきたりの言葉だが、そのまんま。美しい声、変幻自在。彼女の作る詩や曲の魅力度は浜省以上かも。それくらいの表現をしてもおかしくない実力。ハートがピュアです。

その中嶋さんは2016年くらいからか浜省のライブコンサートのバックコーラスもやっている。すごいぜいたく。こんな歌手がバックで歌うとは。実は中嶋さんがインディーズでやっているのを浜省さんがメジャーデビューさせたということで、歌うようになったようだ。

さて、その浜省とユキノさんが昨日、一昨日と熊本に来ていた!私はチケット取り落選で落ち込んでいたが、当日のキャンセル券をコンサート当日の12時からネットで売り出すと言うことなので、一生に一度の生浜省と対面できるチャンスかもと、「今日、昼からいなくなるかも」とスタッフに宣言し、パソコンの前に座り込んだ。12時ジャストに申し込んだにもかかわらず、数秒さでか「完売」と出てしまった。恐るべき、浜省のファン連中!!

熊本行きは失敗に終わったが、まだチャンスはあるかも。11月5日、と6日に福岡公演が待っている。再度挑戦してみる。全てのスケジュールを調整し、最優先の課題とする。準備をしっかりして、お客さまにはご迷惑をかけないようにしますから見逃してね。

秋晴れの一日 塚原高原に来ませんか

日曜日、好天に恵まれ、秋らしい天候というのは久しぶりのような気がします。朝からとても爽やかな空気。こんな日は、塚原高原に行くしかないでしょ。オープンカフェでゆっくりするのも良いでしょう。美味しいパンとコーヒーいかがですか。

さて、昨日はオニパンスタッフの澤井さんが美味しい物を持ってきてくれました。

上品な味のスコーンです。私はそれほどスコーンを食べたことがないのでなんとも言いがたいのですが、澤井さんのスコーンは、甘さ控えめのきめ細かなケーキのような感じがしました。味がきつくなく、中に入っている栗の甘露煮、クリームチーズ、甘夏のピールがスコーンの生地とマッチします。

大量にあった甘夏の皮を使って砂糖菓子も作ってくれました。これを使ってパンが出来ればと思います。白あんを作ってくれたスタッフの川野さんも含め、新しいことに挑戦するオニパンスタッフたち。物作りの楽しさを味わっていることでしょう。私と同様に。

リンゴの季節

お待ちかねです。どんどんリンゴが送られてきます。こちらの処理が追いつかないくらいに。2度目の「紅玉が」送られてきました。一箱60~70個入っています。今回はそれで網リンゴも作ります。

すでに販売開始したアップルシナモン。

そして網リンゴの画像も。網リンゴは、赤ワインで煮ます。

アップル系のデニッシュがオニパンでは最も人気が高い。よろしくお願い致します。

和風キーマカレー、なかなか行ける!

和風キーマカレーなる物を作ってみた。キーマカレーはカレーパンのフィリングとして作りやすく(包みやすい)いいのだが、原材料を見て少し気後れしてしまう。というのは、味噌やごま油、醤油などが入っていて、どうも私のイメージするカレーパンには合っていそうにない。しかし何事もやってみての判断。やらずに意見は出来ない。

材料は約20種類。かつお粉、ベイリーフが用意できなかったが、まあやってみよう。特徴的な材料として、味噌、ごま油、醤油、ごぼう、ハチミツがある。他の材料は定番のクミン・コリアンダー・カルダモン・シナモン・カレーパウダー(私はSBカレーの粉を使った)・ニンニク・ショウガ、油など。

調理の時間は40分くらいか。なれたら本当に早い。ほぼパターンは決まっているようだ。まずクミンシードを油で炒め香りを付ける。ニンニクとショウガを追加し、その後野菜類を炒める。しっかり炒めたら、お肉を加え、その後スパイス群を入れ香りを付ける。

別の鍋で味噌、醤油、ごま油を炒め全体が混ざったら水を加え混ぜる。それを野菜・お肉の鍋に入れて水を飛ばしペースト状になるまで煮る。それで終わり。簡単だ!

さてお味は・・・・

上に白ネギをぱらっと載せてみた。本当は青ネギがいいんだが。香りはいい!

試食をかねての夕食。食べてみると・・・・うまぁい~!!!!和風の味のイメージがチト違っていた。味噌醤油の味と言うより、深い旨みが出る。そしてハチミツの甘さ。それにスパイスの香り。食べやすい。

これは、オニパンのカレーパンに使えるぞ!もう少し辛くカレーっぽくするためにスパイスを加えよう。ターメリックも追加してみるか。

と言うことで、オニパンカレー用のレシピを作った。近々お目見えしますよ。乞うご期待。