ガーデンパラソル 

昨日、上田社長(上田家具製作所)にお願いして、テーブルに穴を開けていただきました。2台のテーブルは以前開けてもらっていたのですが、この間のオープンカフェのメンテで残り2台もガーデンパラソルを設置することにしました。

設置前の様子です。大切なテーブルを維持していくために、トラックシートを購入。これを取り払い、パラソルを設置します。様子は・・・

周囲の木々の緑とパラソルの深い緑がグラデーションを醸し出しています。

パラソルを設置してInfoにアップしようとしていると、上田社長が現れました。開店前に、昨日の仕事の気になるところを手直しするためです。職人ですね。イヤ社長でしたね。

発想

ゴールデンウィークを終えてホッとしたお休み。色々と考えを巡らせ、今後のお店のことや商品のことを思索。カフェのオープンスペースをどうしていくか、通販の商品でスペシャルセットというものがあるが、それも変えたほうがいいなとか・・・。何かをしようとする場合、お決まりではなく、ちょっと面白いことや全く今までにないことができればと思う。

スタッフのマサ君の姉が別府店に来店され、スタッフの皆さんにとお土産を持参した。そのお土産を見て、へ~っと思った。

北九州土産。世界遺産に指定された八幡製鉄所の関わりから、工業の町の象徴であるネジを題材に・・・

チョコレートを作ったのです。ネジのチョコレートとは??

ほう、確かにネジの形。ボルトとナット。しかし、それだけで終わっていないのです。なんと、このボルトとナットを合わせるとピッタリはまり込むではありませんか。精巧!!すご!こんなチョコ誰が考えたのか!!

発想、着眼点、立派ですねえ!!

昨日工事が全て完了した第2工房。大工の簑原さんの仕事もあり得ない発想が所々で見受けられます。別府駅市場での北高架商店街でのお店もそうでした。さらに南駅市場(現在)のお店も、壁を普通はシャッターの内側に作るのがあたりまえなはずなのに、シャッターの内側が狭くて、販売スペースがとれないとの難題をシャッターの外に壁をつくるということで解決!しかも金をかけずミカン箱のような自然な板でかこうという仕様。

入口の辺りをみると、外壁がシャッターの外にあるのが見えます。どこのお店も、シャッターの内側が壁や戸口です。

さらに今回の第2工房での工事で、工房裏側のスペースに屋根をつける件。屋根って上から下に下がってくるものだという考えに固執せず、裏側の土地が高くなっていることから、屋根の勾配を逆にして作るという発想。

これによって二つ良いことが。一つは、裏側の景色が上の方までよく見えて開放感が生まれたこと。さらに、ふってくる雨が工房の屋根の上に流れ、樋をつたって地面に。だから、新しく設置した屋根に雨樋を作る必要がなくなった。

柔軟ですねえ簑原さんの頭は。発想って、固定観念を打ち破る所から始まるんですかねえ。

心癒やせる場所に オニパンの思い

ゴールデンウィークのクライマックス。昨日は、お天気もまだ崩れず、お客様で賑わったオニパンカフェでした。以前に比べると、カフェのお客様が減っています。カフェよりもパン重視の方向性で、店内やオープンカフェを縮小。それでも、やはり、せっかくの塚原詣出なのだから、カフェでゆっくりしていただきたいとの思いはあります。

私はあまり人の顔を覚えることが出来ず、何度も来られているお客様に失礼をすることも多く・・・・。接客が苦手。人は好きなのですが。そして昨日も、そんな場面が。

かわいい少女に声をかけました。「どちらから?」「埼玉県です。」「どうして?」「おばさんが、別府で。」・・・こんなやりとりをしていると、その子のお母さんが、説明をしてくれました。

高校生になるその娘さんが2歳の頃から別府に里帰りするときにオニパンに寄ってくれていたとのこと。3歳くらいの時、絵もオニパンに送ってくれたそうで・・・。ぁ~そういえば、そうだったあ!!その子がもうこんなに大きくなっていたんだあ!私は、自信作のカレーパンをプレゼントしました。みんなで分け合って食べて、「おいしい!」との感想もいただきました。

こんな風にオニパンを使ってくれてうれしい。それが私たちの本望でもあります。豊かな自然の中、心癒やせる時を過ごし、多少の喜びを味わって帰途へ着く。そういうお客様がたくさんいてくれることにやりがいも感じます。

写真も撮らせていただきました。

その後も懐かしいお客様が来られました。本当に、たくさん来られます。

その中のお二人のことをお話しします。私は覚えていないのですが、送られてきた写真を見て、え~そんな昔から来てたの~と驚きます。定年退職してバラ園を自分の家に作っているご夫妻。動画で送ってくれました。それをここに載せられないので一部画像を。

バラが咲き誇っている動画だったのですが載せられなくて残念です。このご夫妻の娘さんと孫の写真も送ってくれました。それを見て、え~!!写真には開店一年後の記載が。

わずかに見える、今はなくなった芝生や平台。かわいいお孫さんを連れて、オニパンにやってきてくれていて。それから15年。相変わらず来てくれていて。そのお孫さんも高校生。歴史を感じるゴールデンウィークとなりました。(写真の顔、消しました。汚くてゴメンナサイ)

カレーパン とてもおいしいです!

率直なタイトルですね。本日のInfo何を書こうかなと考えたとき、今朝のカレーの味見を思い出しました。私はいつもいろんな気になる具材の味見をやっています。この間、カレーフィリングの作り方を毎回少しずつ変えています。スパイスだけでなく、煮る時間や入れる材料も含めて。この微妙な調整で結構味が変わってくるのだなあと実感しているところ。全くの料理素人でも、同じことをずっとやっていると、それに関してだけは理解が深まってくる。諦めずに良かったなあと今朝思いました。このカレーは、結構すごいなあと自分でも思えました。食べたあとの口の中に残る心地よいスパイスの味。繊細においしさを感じられる。

半ばスパイスカレー作りに限界を感じていました。誰かプロに教えてもらえたら違うだろうなあと思いながら、試行錯誤を繰り返す。ちょっと疲れを感じ、こんなもんでいいや、期待しまい、なんて思いながらカレー作りをやっていました。

前回、スタッフの玉ちゃんにお願いし、レシピ通りに作ってもらいました。しかし、スパイスを間違えて(オクシモロン推薦のカレー粉と違うSBカレー粉を入れる!)とか、具材の煮込み時間が少ないとか・・・細かいところで問題がありありました。私が忙しく時間がとれないこともあり、お任せしたので仕方がない。

その問題をしっかりクリアして、今回、またも玉ちゃんにお願いして(今回も私が時間がとれなかった😭)。少し心配だったんですが、出来たカレーを今朝味見。

出来たカレーに毎朝カレーパンをつくくるたびに、新たに自家製ガラムマサラを加え鍋で加熱。美味しい香りが厨房に漂います。まさに手間暇なのです。しかしいくら手間暇かけても、今まではあまり美味しいとは思いませんでした。しかし、しかし、・・・・今日のカレーは・・・おいしい!!!

やっと、やっと、スパイスカレーのレシピが完成です!!もう大丈夫!!これからは、胸を張ってオニパンのカレーパンは美味しいぞ!!と言えます。もしかすると、以前販売していた「タネカレーパン」と同じくらいに。

まあ、一度お試しください。多分においしいはずです。

みどりの日

連休二日目。Infoのを書く時間が遅れました。今日はみどりの日。お客様で、朝から山に行ってオニパンへ来られた方たちがいました。いいですねえ、山は。16年前九州に戻ってきて、ずいぶんいろいろな山へ行きましたね。最近は行けていない。この忙しさが落ち着いたら、山へ行くぞ!オニパンの女子を連れて。ご近所の登山家の案内で。

今から約20年近く前。大阪時代(こちらへ来ても)はママと一緒によく登りました。