盛況 みなこい祭り 終わってホッ 

木金Infoお休み。ご心配された方も幾人か居られると。誠にすみません、Infoがアップされてないときは、忙しいんだろうなあと推測の程。

まあとにかくこの1~2週間は、目の回るほどの忙しさでした。どこも同じなのでしょうが、イベントの主催者は大変なのです。久々の経験でした。しかし終わってみると、感慨深いものがあります。参加者のみなさんがいい笑顔を見せてくれたこと、取り組む主催者がわの人たちの生き生きした表情、そんなエネルギーが伝わってきて嬉しい限りです。

移動販売で知り合った塚原小学校70年前の教師、岐部陽子さんの講演は、予想以上に楽しく盛り上がりました。高齢なので、大丈夫かなあが本心でしたが、とてもしっかりしていて、子どもたちに語りかけながら、会場のみなさんの息を感じながらの講演でした。だから一方的な話にならず、うなずきながら笑いながら聞く人たちも多く、大したものだと思いました。

「よくあんな人を見つけてきたなあ」とか「いいお話だった」と私に声をかけてくる人たちが数名。岐部さんも参加者の人たちと、塚原の昔のお話をしたりで、とても楽しそうでした。来てくれて良かった!!!岐部さんにとっても、大切な時間になったと思います。

コロナも落ち着き、今年は参加型のお祭りにしようと、小学校児童の活動はゲームやカフェ。そして自治区側の取り組みもゲームが中心。カブって大丈夫かなあと思ってましたが、本当に楽しそうでたくさんの方がゲームに集中。体育館が笑い声に包まれたいました。しあわせな気分になりました。

そして昼食タイムは、40名近くの敬老者には特別な弁当、その他の参加者には手作りのカレーライス。女性部、母親の会のみなさん、本当にご苦労様でした。

昼食時の「昔懐かし昭和クイズ」も楽しかった。

2時にみなこい祭りは終了。そしてその後は、フリーマーケットもありました。今年初めての企画。高価なものが、信じられないお値段で。わたしもたくさん買ってしまいました。

これは一部の商品です。薪割り機や、バイク、自転車なども出ていました。

簡単にご報告を。塚原にこんなお祭りがあるってこと、知ってくださいね。私も役員になって、はじめて深く味わいました。こんな部落があるってことを。まるで学生時代のサークルです。ここでは高齢者のパワーが半端ない。

冬支度

寒い。朝の気温は7度くらいか。いよいよやってきたな!生地の発酵具合でも分かる。今までの設定温度では、発酵不足の状態。仕事の進捗に関わってくる気温の変化だ。

我が家には3種類の暖房設備がある。第一はガス温風ヒーター的なもの。ガスで湯を沸かし、それを温風に。結構パワーもある。けれど、今の世の中の状況考えると、経費がかかりそうなので、2番目の暖房設備、灯油ストーブに今朝点火。

う~んあったかい!いいですねえ、ホッとしますねえ。この灯油ストーブ、思い入れがある。中古を購入し、(3000円くらいだったかな)ストーブの芯を取り替えて再生。2.8キロワットの熱量は立派。

それでも、ガソリン・灯油も値上がりしてるし・・・あまり使いたくないなあ。本来は、薪ストーブが一番。しかし今年も(毎年だが)準備が遅れていて、やっと2日前に煙突掃除をしたばかり。そして、薪作りもやっとできた。薪作りが遅れた原因は、道具の不調。

先日もInfoで紹介したが、薪割り機のエンジン不調。それを自動車屋さんで修理し、パンクしたタイヤも手製のキャスターに変換。それで復活。さらに、材の玉切りに使用するチェンソーの不調。そのために、適度の長さに切れずに困っていた。そこで、思い切って、バッテリーチェンソーを購入。そして動かなくなっていたゼノアの機種もよく見てみると、ソーチェーンが変形してつまって動かなくなることが判明。それで、新しいものを購入し取り付けると見事に復活。

贅沢な画像だ。チェンソーが3台!左の50ccのプロ仕様チェンソーはまだ目立てが出来ていないが、その横の2台はバッキバキに切れる。40CCエンジンでも30センチの丸太がすぐ切れる。そして・・・

家にある材すべてを玉切りし、薪割り機で分割。

しかし、これだけあっても、近所の人に言わせれば一冬には足りないと・・・・トホホ。

後は焚きつけ用の木をつくらねば。それは以前サイクリストの山ちゃんにもらったものが山ほどあるので安心。これでやっと薪ストーブに火がつけられる。

子ども音楽祭~べーサンづくり

べーサン(べーコンサンド)を11時までに30個作らねばならない.本日28日は毎年行われている「ゆふいん子ども音楽祭」の日だ。その催しに、3種類のパンを30個ずつ注文がはいった。本来ママが作るべーサンだが、朝早くからしないと間に合わないということで、私が作ることになった。私は今まで作ったことはない。だから戦々恐々。ただ、もたもたやっているとお店の開店に影響するので、前日よりママが下準備をしてくれた。

べーサンのバンズ。朝焼いたのでは間に合わない。こういうケースは、前もって焼いたものを冷凍し、朝早くより解凍する。全く変わりないパン生地で支障は無い。急速凍結が望ましい。

この30個のバンズを二つに切り、下の面にマスタードバターをぬる。上の面はマスタードマヨネーズをぬる。次に・・・

段取りよく出来るように、パン→野菜→ハーブソルト→ベーコンと並べる。野菜は、ママが3種類の野菜を一束にして30こバットに並べてくれている。

ベーコンサンドと言う名前から分かるように、主役はベーコン。

国産豚バラ肉を燻製にした「特製自家製ベーコン」!これを軽く炒めておく。たまらなくうまいよ~!

順番にこれらの具材をバンズに挟み、ラップで包んで完成です。

できたー!!作り出してほぼ1時間強でできました。シンプルだけれど、しっかり美味しい具材を使っているので、満足していただけると思います。ついでに言うと、ハーブソルトは由布院の高倉さん製。マスタードはオニパン自家製。こういう隠し味は、べーサンに生きていると思っています。

上質!塚原高原の名所に!

10月25日、塚原高原の知人、フォレスト・イン・梵の渡辺さんからのお誘いで内覧会に出向く。宿をリニューアルしたとのこと。行ってみて驚いた、新しく建てた建物のすごさに。

これはカフェレストラン。フォレストイン梵と言えば、フレンチのシェフが有名。そのシェフを中心にランチやカフェを提供するのだ。

受付。石造りで重厚な建物。前面ガラス張りで、前には森の木々が広がり、森の中でカフェをしている感じ。まさにその通りなんですが。6テーブル。

そして、宿の方は、コンクリのキューブのような。

これは、まさに、石の塊のように見えますね。面白いデザイン。中に入るとシャレていて、エレベーターがあります。1,2,3階にそれぞれ一室。この反対側は、カフェレストラン同様、広いガラス張りのデッキがあります。そしてそこには露天のお風呂も。無防備な形で入浴が。  開放されます。

広い室内。以前あったフォレストイン梵の安っぽさは全くない上質な造り!

由布院にない豊かな自然の立地を十分に生かした設計に愕然。これは塚原高原の名所になるわ!!!

塚原には歴史ある塚原温泉があり、美味しい珈琲の木馬があり、これまた有名なミルク村、他にも個性的なお店が出来ています。このフォレストイン梵が塚原高原の質を高めること間違いなし。それなりに中堅になっている我がオニパンカフェももっと本気で上質を目指さないとと、考えた内覧会になりました。

福岡 浜省 

心配だったのはこの年で浜省のコンサートに行ったら、周りの人に迷惑をかけるのではと言うことだった。少し薄くなった頭髪を隠そうとハンチング帽をかぶった。繰り返し見てきたDVDでのコンサートの盛り上がりは、感涙もの。興奮しシャウトする若者に交じって、同様な指サインや声援をするのに違和感をおぼえられるのでは。だから、できるだけ年がばれないよう、若気な服装を試みた。運動も忘れず、締まった体型でコンサートに臨まねば。

事前予約したホテル。現代的防犯システム、清潔な館内、そして高価な宿泊料。高いわけは福岡中心街に立地していたからだ。会場となるマリンメッセ福岡A館まで歩いて20分ほどの距離。それが理由で選んだ宿。たどり着いて分かったのだが、このホテルの前にあの建物が。

有名な博多座!!何という偶然。ここは、亡くなった親父の何度も口にしていたシアター。仲の良い妹と行った劇場。嬉しそうにその思い出を語っていたっけ。ここがその博多座!今回のミニトリップは、なんか縁起が良いのでは。なにか宿命めいたものが・・・・。

ホテル到着後、すぐに準備し、マリンメッセへ移動。

街中を黙々と歩く、歩く。

博多港だ。ちょっとレトロ。人が増えてきた。もうすぐマリンメッセ!

おっ!Aの文字が!!ここだあ!!!

近くまで行くと人がうようよ。そして、あのDVDで見たことがあるオン・ザ・ロード ツアーのトラックが!

これで機材を運ぶのだ。記念写真を撮るファンたち。その隙間を狙って撮った。そのトラックの横はグッズ売り場だった。

私も中に入った。何かを買おうと心の準備をしてきたのだが、Tシャツを見ていて気持ちが変わった。いい大人(ジジイ)が、そこまでするかなあ。そのお金を、自分のためでなく、もっと良いことに使おう。

浜省はJSファウンデーションという国際慈善ボランティアをズウッと続けてきた。戦禍の子どもたちや災害、病弊で苦しむ子どもたちのための基金だ。そこに募金することにした。

さて、会場へ。ハンチングをかぶって。

おおっ!すでに多くの人たちが!一万人入るそうだ。満席。しばらくしてハンチング帽を脱ぐ。周りを見ると、若い人も多少はいるが、ほぼ中年。そして頭に毛がない人も結構いる。後で思ったのだが、浜省ファンは浜省が若い頃より同じように年をとってきた人が圧倒的。ちなみに隣の50代の女性は、35年前から(だから20代の頃より)コンサートへ来ているという。だから開放されている。年甲斐もなく(失礼だな、ごめん)、シャウトし手を振る。恥ずかしいなんてない、みんな楽しそう!

このコンサートでのセットリストは全23曲。コンサート初心者である新参者の私。今までの勉強の甲斐があってか

1曲を除いて22曲すべてほとんど歌える状況だった。全く引けを取らず大声で歌いきった!!ノリキッタ!!楽しかった!!

すごいと思ったのは、演奏力。高齢の演奏者だ。若い頃よりほぼ同じメンバーでやってきた。だから一人一人が素晴らしい実力者で、その見事なアンサンブルとパフォーマンスに圧倒されっぱなしだった。浜省も71歳なのに、喉は最後までつややかで張りのある声。素敵だ!22歳から33歳までに作った曲を演奏するコンサート。40年以上前の曲がこんなにかっこよく内容も現代にまさしくフィットするもの。作った当時よりも、切実に感じられる現代の日本の課題が浮き彫りにされる。「Jボーイ」とか今の若者が聞いて涙するものも多いのでは。

さらに照明や映像による演出力。ほんとすごい!ステージの背面は巨大映画館の画面みたい。そして照明がすさまじく効果的。言えば切りが無い。もうやめとく。とにかく感動もの。スマホで一切撮影できないのが残念。

コンサート終了後の様子。すごい数のファンたちと一緒に夜道を帰る。みんな仲間。大阪時代4000人のデモ行進など経験があるが、それより多い。浜省パワー!

浜省ファンでない多くの人たちにとっては、どうでも良いお話でした。付き合ってくださりありがとうございました。そして、忙しい中、こんな経験をさせていただいたお店のスタッフの皆様ありがとうございました。お土産は「本気の大福」でした。