点滴と台風10号

愛猫レイ君の話題が続きます。自然児レイ君はケージに入れられると耐えれないのか、悲しそうに鳴き続けます。つい根負けして、部屋の中ならいいだろうと室内自由に。ところが、うっかりドアを開けていて室外へ逃亡。探し回ると、お気に入りの納屋でくつろぐレイ君でした。

しかし、看病は難しい。ペニスにつけたカテーテルはいつの間にやら抜け落ち、腫れている状態のペニスの尿道から尿を自力で出すことは困難のようだ。トイレ場にしゃがみ込み気張っているもののほとんどおしっこは出ない。痛いんだろうなあ、ニャアニャアと鳴く。おしっこを抜き取るためのカテーテルがないとなれば、膀胱にはおしっこが充満状態になる。それでまた今日も病院へ行くことになった。

昨日、初めての点滴体験。血管に針を刺すなんて無理!と思っていたが、首の皮のあたりにブス~とさして液を注入。簡単だった。いろいろと体験させてくれるレイ君です。

さて、台風10号がやってきます。昨今の災害は今までの常識から判断できないものがありますね。日頃より不用心の私でありますが、今回はまじめに対策を考えようと思います。風で飛びそうなものは、片づけたり縛り付けたり。停電のおそれがあるので、冷蔵庫用にペットボトルに水を入れ何本か凍らせておくとか。風呂場に水を張るとか。使ったことのない発電機も今日中に試験運転してみます。