晴れ 花粉に注意 今日は塚原ファンランウォークです。参加者の皆さんは、体調に気をつけて、無理されないよう楽しんでくださいね。開会式は10時30分です。当初の予定を30分ほど遅くしました。あまり早く来ない方が良いかと。

 駐車場は2か所あります。一つは、オニパンの前のゆるい上り坂の道を50メートルほど行くと右手にあります。

 右に「オニパン P]の看板が見えます。

もう一つは、オニパンの角を右に曲がった「ヴェルデ」さんの駐車場をお借りしています。

 ここも10台くらい駐車できます。それでは、よろしくお願いいたします。

曇り 昨日はたくさんのお客様に感謝です。今年は、塚原もなかなかお客様が増えず、心配でしたがやはり春休みに入ったということもあってか、例年の賑わいを取り戻した感じでした。しかし、不景気感はいなめません。客商売をやっていると、よ~くわかります。消費税どころではないですねえ。明後日に迫った塚原ファンランウォーク。準備をせねばと焦り気味です。ちょっと少ないかなと思ったランの部も総勢25人集まりました。ウォークは30人を超えました。ちょうどよい人数かな。淋しくもなく多すぎることもなく。心配は、私が走れるかどうか。まあ何とかなるでしょう。

 今年は梅の花も見事に咲いています。昨日は、自治区の総会もあり、仕事を抜けて参加。役員に選ばれました。一昨年は初めてで、プレッシャーとストレスにほとほと参りました。順番というのもあるので、逃げられません。しっかり、塚原のために、頑張ろうと思います。

晴れ 爽やかな日差しが梅の花にふりそそいでいます。一昨日5㌔マラソンに申し込んだ方が今しがた電話をかけてきました。「100メートルほど走ったんですが、心臓がバクバクして足も重くてとても走れない。それで、5㌔のウォーキングに変えてください。5㌔ウォークで優勝を目指します。」私はホッとしました。何度説得しても5㌔走をしたいと言い張るお客様。だって、その方は82歳。危ないので、救急車を待機(笑い)させておかないととまで考えたわけです。今日の電話の際もお話しておきました。「ウォークはタイムも計りません。自然を感じながら楽しく歩くのが目的です。ランにしても同様。」彼は、そうなんですか、来年は練習して5㌔走を目指しますといって電話をおきました。

 今朝の面白い電話のやりとりから、木曜日の夜に観た演劇を思い出しました。疲れ切った体で睡眠するかなあと思っていたわけですが、あにはからんや、大笑いの連発。脚本が山田洋二さん。それを前進座が上演。歌舞伎なども上演する前進座ではありますが、いつ観てもわかりやすく面白い劇をやります。時代は江戸時代。長屋の住人をメインにストーリーが展開。貧しくも明るく、苦労を乗り越えながら日々の暮らしを楽しむ人情物。これを観て家にたどり着くと、ママが同時に観ていたのがBSでの「遥かなる山の呼び声」山田洋二原作。別府と塚原で山田洋二原作の演劇と映画を観ていたことになる。山田洋二さんは人間のとらえ方があたたかく、つらく悲しい人々に寄り添い、そしてラストには必ず一筋の希望を与えてくれる。あるいは、人間って捨てたもんじゃないという感性をほのかに感じさせてくれる。さあ、負けてられないなあ、明日もがんばろう、って気になる。

朝の電話の方、一緒に畑をやっている知人。病気も大変で、普段より心配している。しかし、一番畑も頑張っている。弱気になるどころか、一年一年を真剣に生きてる。ちょっと寅さん的なところが面白いなあ。

曇り やがて晴れるでしょう。朝ちょっと寒いですねえ。今日は朝3時から起きてます。いろいろと気になることがあり、なかなか落ち着いて寝れませんねえ。こんなに繊細だとは。誰も信じてくれませんが(笑)。さて、悩みがあるわけではありません、むしろ眠れないときは、攻める姿勢があるときか。そういえば、あと4日で塚原ファンランウォーク。参加者も50名を超えています。当日、参加者が楽しめるといいなあ。準備が出来てません。そして、別府店。昨日、棚や流しなどできたみたい。清家さんがラインで写真を送ってくれました(昨日の別府店当番)。蓑原工務店さん、やはりいい仕事してますねえ~。

 昨日ご近所のEさん宅へ行くと、これに火がついていました。これって、石窯。なんと自家製。使っているのは初めて見た次第。ちゃんと使えるんだあ~!すると、奥さんが「食べていく~」なんて、魅惑的なお言葉を。遠慮しない性格の私は、まあ、素人の石窯にピザなんだからと期待せずに「少しだけ食べようかな」と。

 あれ、結構おいしそう。そして食べました。

 なんじゃあ、こりゃ~! ウ、うますぎではないですか。すごいです。これが、石窯の威力なのだ。具材、味付けもいいのでしょう。柔らかく、もっちりした生地。そして周囲はカリカリ。最高です。

私はママと2月末にイタリアに行っていたはずでした。90になる親父さんが突如入院したので中止。国際免許までとったのに。航空チケットもキャンセル。イタリアでピザを食べようと思っていました。そして、帰ってきたら、ささやかに石窯なんぞを作れたらいいなあと願いを持っていました。しかし、Eさんのピザを食べて、心が固まりました。絶対つくるぞ~!

曇り 昨日は別府店に行ってまいりました(マスターが)。行くと、蓑原工務店さんがすでにお仕事をすすめていました。ありがたいです。彼の発想はなかなかです。私が考えていた改装のイメージとは全く視点が違っています。面白いお店になりそう!ミカン箱のお店。

  途中経過。

中も多少変わってきました。

 詳しく説明しませんが、確実に便利で見た目も良くなりますからね。お楽しみに。今日は「金の市」。別府店ではあんこパンとメロンパンが20円引きで売られます。