懐かしき来訪者

大阪で暮らして30年。そして別府へUターン。9年が過ぎました。まだ大分弁が苦手。出てくるのは大阪弁。そして夢はいつも大阪での夢。青春時代(と言っても24歳くらい)から中高年まで、全てのエネルギーを注入してきた大阪暮らし。仕事、子育て、仲間・・いろいろあったなあ。

教員時代、たくさんの仲間と語り、研究会で実践討議、教育実践の交流などやって来た。サークル連絡会などで様々なイベントに取り組んだ。若い教師の会、全生研・・いい響きだ。いろんな顔が浮かんでくる。組合大会のこと、市との交渉、他の組合との共同で首切り撤回闘争いろいろあった。労働組合というと敬遠される人も多いかも。労使協調で会社の回し者的な動きをする組合も多いからね。例えば、最近の「残業100時間未満」なんて、過労死を法律で「保障」するようなことを決めて成果みたいなことを言う組合は労働者の味方でも何でもないと思う。私が所属していた組合は、小さな組合ではあったが、仲間と話し合い、自分たちで正しいと思う方針を確立できる自立した組合だった。市や市教育委員会にたいしても、おかしなことにはものを申す。その分、圧力も激しく・・・。片方の組合(市には二つの組合があった)は多数で、行政ともなれ合い・・・組合の役員をした後は、教育委員会のお偉方、教頭・校長になっていく。たいていの人は、もめごとは嫌いだし、出世して給料や地位も高くなることを望む。だから、多数で権力のある組織へ身を置く。そんなこと当たり前。私だって、争いは嫌だし嫌われたくないし、みんなに認められたい。ただ、大学時代の経験、先輩たちの言葉、自分の生い立ちから、自分の生き方に合わない暮らしはしたくなかった。だから、30年小さな組合の役員をずっとやって来た。教育サークルもしかり。

こんなことパン屋のオヤジが言うことではないだろう。でも、自分の所属は、いまだ持って、大阪にある。だって夢はまだ90%は大阪時代の夢。今の暮らしは、大阪時代に消化不良になった夢を実現する過程だと思う。対等な人間関係。自分の頭で考えたことを実践。損得で行動を決めない。云々。

いわば同志。同僚ではない。喧嘩もした。そういう友とは、一生続く。苦しいことをともにしてきた。職場や組合で辛い思いをするとき、彼も同じように苦労している、彼も同じように頑張っている、そう思うと力が湧いてくる。一人ではないんだ、これが人を強くしていく。

I氏夫妻が塚原にやってくる。これは2回目。1回目は、8年ぐらい前か。今回は退職しての来訪。奥様は現役の教員。オニパンに訪れ、宿泊する場合、友人については条件を出すことにしている。それは、夕食をつくってもらうということ。できれば、私たちの分まで作って、ふるまってくれること。私たちには、お客様の面倒を見る余裕はない。ママは片付け、一日の売上の計算など一通り終わって、帰宅(お隣だが)するのは7時ごろ。それから、休みの時に作り置きしていた料理とその日に作る料理を15分程度で出す。食べて、パソコンで情報をチェック、ニュース、べっぴんさん、風呂。私は9時半にはベッド。そんな毎日。だから、もてなすなんてできないのが実情。

I氏は、来訪する前から、何が食べたいか入念に聞き取り。「やっぱ、大阪王将の餃子は欠かせんわなあ。」それくらいしか言わんかった。先週の土曜日(25日)朝、大阪から出て、午後由布院へ到着。電話で、材料の確認をしてきて、スーパーで買い出し。5時くらいから、料理に精を出す。

DSCN4544

使い慣れてない他人の台所でなので、予定7時をまわる。私たちも仕事が終わったのが7時半ごろだろうか。出来ました。凄い!

DSCN4546

パエリア。あんまし食ったことがない。I氏盛んに勧める。これが一番自慢なのか。

DSCN4547王将の餃子。大阪の味。

DSCN4548 DSCN4549

豚の角煮。チキンのソテー。

DSCN4545

そして、手前右に写ってるスープ。うますぎのラーメン風味。すべてが完璧。超ゴージャスな味。I氏は今、奥さんの帰宅前に夕ご飯をつくるそうだ。大学で講師もやっているそうだが、時間があるので、夕食係。まめな人だから、これだけの料理ができるのだろう。大阪時代と変わらない、柔らかな人柄(組合での対市交渉の時は舌鋒鋭い論客)、とても幸せなひと時をいただいた。10時過ぎまで、食べて、飲んで。翌朝が辛かったが。

DSCN4556

 

パン屋の休日 大分百山への挑戦 その二 №177 

DSCN4430津波戸山(つわどさん)529.4メートル。ガイド本には「国東半島の南西に位置する津波戸山は、凸凹の激しい地形をした耶馬渓式の山である。奇岩怪石が林立し、低山にしては鎖場などが多く、登りがいのある山である。」とある。前回の折々帳にも書いたように、田原山(のこぎり山)が当面の目標で、そこを制覇するためには、似たような山で訓練しないと、という意識で津波戸山に登ろうと考えた。崖から落ちて行方不明になれば、多くの人に迷惑をかける。そこで、上田家具製作所のオーナーのUさんに山行きの相方をお願いした。

DSCN4431登山口駐車場に車を停め、歩き出したところ。Uさんとは、これで3回目の山行き。冷静で、まじめ、几帳面な性格なので、多分前もってコース等調べ、抜かりなく準備していることだろう。私はご迷惑をかけないように、ついていけばいいか、などと気楽な感じ。

DSCN4432 DSCN4434この山は、ただ登山道を頂上めがけてたどるのではなく、88か所の霊場を巡るのが醍醐味なのだ。その88の霊場には右の写真のように大師像が配置されている。そこで拝む。この霊場巡りのコースがちょっと厳しいというわけだ。高所恐怖症の私に制覇できるのだろうか・・・。

そしてもう一つ、願掛けの意味合いも併せて。88か所巡りとは目的が違うかもしれないが、大師像にお願いしてみれば、何らかの効能もあるかもと。サイクリストのSS氏の病気回復を願ってみる。Uさんにそう伝えると、Uさんもことごとく手を合わせてくれた。

DSCN4435 DSCN4437

これらの写真では、この場の雰囲気が伝わりにくい。広角度のカメラがあればわかるのかなあ。落ちれば確実に死んじゃう。風の強い日は、恐ろしくて無理。こういうところを通過しないと霊場に行けないのだ。なんとも苦難の連続。

DSCN4439 DSCN4442

幅30センチ長さ1メートルの石橋を渡るUさん。両側は深い谷。その橋を渡った岩山にある大師像。眺めが素晴らしい。

DSCN4445 DSCN4446

狭い岩穴を鎖伝いに降りていく。結構長く厳しい岩場を下る。私は、これは、怖いというより楽しく感じる。これまでの落ち込むことが多い人生経験から、落ち込みに強い性格になったのか。

DSCN4452 DSCN4449

水月寺奥院(避難所を兼ねている)とその横にある硯石水(けんせきすい)。この後、眺めの良い展望所へ。これで、津和戸山制覇だ。

DSCN4456 DSCN4455

DSCN4458 DSCN4459

ここでお昼ご飯。うまかった!Uさんは、奥様の作ってくれたお弁当をおいしそうに食べていた。聞くと、例の網リンゴの液を使った鶏肉の煮込みが入っていた。私のお弁当は、ママの手作り。考えてみれば、25歳よりこれまで、ずっと手作りのお弁当。感謝せねば。最近我が家は玄米ご飯。おいしいなあ。

DSCN4462 DSCN4463

弘法大師像。眼がぎょろっとしていて印象的だ。

人間には88の煩悩があり、霊場を巡ることで、清らかな心になるという。その行程は悪路、難路。でも時折素晴らしい景色と心地よさを観させてくれる。人生は、そんなものなのかなあ。

 

 

 

 

パン屋の休日 大分百山への挑戦…老体にむち打ち  その一

新年の目標としていくつか考えた。今までやろうとしてやれなかったことが多すぎて、何もかもが中途半端な人生になっている。仕事としてやっていることは、まあ、それなりにやって来れたかなあと思う。しかし趣味や教養、その他目標を決めてやって来たことのほとんどが目標不達成のままこんな年になった。人生は速い。パン屋開業を目指し仕事を辞めて10年。気が付けば63歳。あと2年で高齢者の認定がもらえる。年を取るのが嫌だとは感じなくなった。ただ、年相応の素養、識見は身に着けたいし、情熱と物事を実践していくためのそこそこの体力だけは維持したい。

人生って何のためにあるの。面白可笑しく楽しい人生であればそれに越したことはない。生まれたからには、どでかいことをやって、金儲けするか、歴史に名を残すか・・・。しかし20歳を過ぎるころから、徐々に自分の人生が見えてくる。ほとんど、そんなどでかい未来はないような、大方の若者は庶民として生きていくことを覚悟する。そして、庶民としてそれなりのささやかな幸せを得ようと努力する。幸せや夢がどんな姿をしているかは、なかなか見えにくい。それは人によって違った姿・形をしているのだろう。

人生どこでどうなるかはわからないもの。ささやかな幸せや夢を求めて、つましく暮らしてきた庶民でも、必ずしも報われることはない。紛争や戦争、飢餓や貧困、天災や人災に巻き込まれることもある。交通事故や病気もそうだ。私ら家族は30年前大きな交通事故にあった。奇跡的に助かった。それはちょっとした偶然。誰にでもあるだろうちょっとした奇跡の一つだろう。私たちはだから、たまたまいただいた運のおつりで生かされているみたいな感じで、生きてきたようなもの。

だから人生って結局何ができたかではなく、何をしようとしていたかが問われるのだと思う。限られた時間の中で、何を大事にして、何を夢見て、何に向かって生きようとするか・・・・突き詰めると、残るものは、その人の持つ生きる姿勢にたどり着く。

今一瞬、それを大切に生きる。その人の生きる質がより美しくあれば、身近な人、友だちは心地よくなる。その人を愛する。その愛は、また新たな人へとつながっていく。そしてこのように生きたいという跡継ぎをつくるものだろう。少なくとも、私の早く亡くなった友人たちは私に多くのものを残して逝った。

えらく硬いことを書いているなあ。けど、まあ、これは、真理だと思うよ。年の割にまだまだ素養のない私だから、今、素養をつけ確かな識見を身に着けた品格のあるオヤジになろうと実は努力している(しようとしている)わけだ。

素養・識見についての私の努力は、疑ってかかる輩も多いと思うので、ここは体力維持のお話に限って進めることにする。

中高年の体力作りは日々の運動から。私の場合は、週一の山行か自転車みたいになっている。ここのところ3週連続で自転車したので、先週・今週と山行へ。ちらとinfoでもお見せしましたが、先週はママと日出の山へ。大分百山の七つ石山、経塚山。日出は奥が深いですねえ。地形的にみると、海からすぐ山だけれど、趣・文化・歴史など知っていくと深いものがある。恥ずかしい話、無知な私です。しかし、地元だからといって、日出の人でさえ知らない人も多いようだ。何の話かって?それを今から書こう。

DSCN4378ここにたどり着くまでの道は、それは激坂。豊岡小学校から、ぐんぐん細い道が上っている。サイクリストのSS氏が、日々トレーニングしていた道だ(と思う)。SS氏は、現在厳しい病気と闘っていて入院中。鉄人と言われるほどの人で(自転車が鉄でできていたことから)、しかし持ち前の粘り強い根性で、ぐんぐん本物の鉄人になっていったようだ。それで、彼を鉄人にした激坂のホームグランドの見学も含め、その先にある経塚山や七つ石山に登ってみようと思った。SS氏には、いろいろとお世話になっていて、頭が上がらない。前回の「自転車女子・﨤町ん」の銭亀峠挑戦で使ったクロスバイクも、実はSS氏が貸してくださった。そんなこんなで、日出に興味が出て、今回の山行となった。

さて、この山田湧水から経塚山への登山道が始まる。登っていくと、この登山道が昔、西鹿鳴越道(にしかなごえどう)という豊前、宇佐から続く重要な街道だったことがわかった。ザビエルさんが福岡の方から宇佐、安心院、この道を通って日出に出て、そこで待っていたポルトガル船に乗りこみ府内(大分市)へいって、大友宗麟と会ったそうだ。

DSCN4381 DSCN4382

日出の山を越えて安心院へと通じるこの西鹿鳴越道から経塚山へ。日出の海岸から見ると、鉄塔が見える山。経塚山もう少しの所で徐々に天候も悪くなり、風と小雨が。

DSCN4385DSCN4388

この柵の先が頂上のようだけど、閉められてるし、他の所から行けるかもしれないが、あきらめる。頂上の鉄塔だけ確認して次の七つ石山へ。

ガスも少し収まり、尾根道はなかなか素敵。思わず写真を何枚か撮る。尾根が広々とした広場のような山頂の牧場か。

DSCN4389 DSCN4391

さて、七つ石山頂上へ到着。そこから眺める別府湾はとても印象的だった。いつも見る別府湾の表情と違う。この角度からは初めての別府湾。鶴崎の方がぐっとこちらに迫ってくる感じだ。別府湾が広がっていず丸く見える。面白い!DSCN4393

 

 

 

 

 

DSCN4398 DSCN4400そこの後、板川山、古城山を制覇。そして殿様道路を下へ下る。

DSCN4401この道は昔2間2尺(4.2メートル)の幅があったそうだ。整備され、籠でお殿様が通っていたのだろう。東鹿鳴越道(ひがしかなごえどう)は、山香に続く立派な道で、明治初期まで3人で人力車を曳いて上ったとのこと。この山越えの道が、豊前から文化を運んできたんだなあ。今では荒れ果て廃道となっているが、日出が栄えたのもわかる。子どものころは「日出のイナカッペ」なんて言ってたが。大分百山の挑戦はその地域の歴史や文化も教えてくれるなあ。歩行時間約5時間近く。いい運動になった。

そして、昨日のこと。3月1日。津波戸山(つわどさん)に挑戦。この山は、『大分県の山』という本で「奇岩怪石が林立し、低山にしては鎖場などが多く、登りがいのある山である」と紹介されている。風が強い日や雨の時は危険とも言われている。今私の心にある意識する山・・・ちょっと(いや相当)怖いが挑戦したい目標の山として、大崩山がある。しかし、その前に大分県の山として田原山がある。別名「のこぎり山」。そそり立った岩の尾根を歩くという危険な山らしい。大分百山制覇となると、当然その山も制覇せねばならない。年々早くなる時計の針。気が付けば一年過ぎている。どんどん年を取り、体力も減少してくる。なんか、歩いていてもふらふらするときがある。急に立つとくらっとする。働きすぎか、お年のせいか。鋸山の岩場の尾根をふらつかずに歩けるだろうか。しかも私は高所恐怖症。枚方パークの観覧車が怖くて怖くて。てっぺんに来た時、どうしようもない恐怖に襲われる。いやじゃ、もう二度と乗らんぞ。もちろんジェットコースターもダメ。どうなんだろう、これと山とは違うのかな。以前槍ヶ岳に登った。その時、怖くなかった。気の持ちようなのか。自分で進む分は問題がないのかも。機械など他の乗り物などに身を任せると、信頼ができず、恐怖が募るのかも。良くはわからんが、鋸山を制覇できずして大崩はない。もっと言えば、この津和戸山を制覇せずして、鋸山もない・・・わけだ。そういうわけで、早くせねばと焦る気持ちから、一気に津和戸山登山を決行することに。善は急げだ。しかし、一人で行って崖から落ちたら、行方不明でご迷惑も掛かる。そこでやり玉に挙げたのが、一回り若い山好きな好男子、そう以前折々帳にも登場したことのある上田家具製作所オーナーのUさん。突然の思い付きで、たまたまUさんがお店に来店してきたので、即提案。ちょっと強引に誘ってしまったが、やさしいUさんは、OKしてくれた。月曜日に来たUさんと、水曜日に山行を決定。人生急がねば。

続きは来週で・・・・その一

 

自転車女子 オニパンへ来訪 ~文化と人生をお土産に持って

1月22日~1月24日、楽しみにしていた訪問客がオニパンに現れた。この方、ママの大阪時代の同僚で退職後長野に移住し暮らしている。名前は以登江さん。私も大阪時代から知ってはいたが、パン屋を始めてから親しくなったといってもいい。オニパンファンの方ならご存じだとは思うが、冬季限定の人気商品「網リンゴ」。そのリンゴを毎年送っていただいている女性。いわば、オニパンを支えてくれている方だ。その以登江さんが、用事あってこちらに来るついでに、オニパンにも寄るということになった。

気さくで気を使わせない生来の性格を持つ(?)以登江さんは、反対に相手に対しては気配りができる方で、忙しいパン屋へ3日間滞在するということから、食事係を申し出た。なんと、ありがたいことに、22日と23日は信州の郷土料理をふるまうという。うれしい!ママは、そのことが一番うれしかったようだ。以登江さんは、その材料を前もって宅急便で送って来た。さて何を食べさせてくれるのか。私もわくわくしてくる。KIMG0737[1]

 

KIMG0736[1]

 

 

 

 

 

 

 

毎年取り組んで、なかなかうまくいってない干し柿。彼女は見事に白い粉をふかせて上手につくっている。干してから、箱に入れておくとこうなるとか。そして、楽しみの夕食の時間がやって来た。出ましたねえ。ずらずらと。

KIMG0741[1]料理写真の前に少し説明を。長野は土地柄か(?)以前より缶詰をよく料理に使うそうだ。チラッと見えている鯖缶などは必需品らしい。そして、ビンに入っているものはいろんな野菜の漬物。袋には変わった豆。雪国では保存できるような食材を使った料理が多いのだろうな。KIMG0742[1]
KIMG0743[1]さて、出ましたよ。お椀の中には「タケノコ汁」うめ~!!タケノコの触感いいですねえ。ヒメタケ?このタケノコ汁に漂うサバの風味。これがないとお汁は成立しないとのこと。次の写真で、舌をひいたものは、大きな豆。これは、豆そのものが和菓子のような出来栄え。これは、クリだ。柔らかく上品な味わい。デニッシュの上に載せて、「マロンデニッシュ」って言っても、だれも疑わないKIMG0746[1]ささずし。これもうまい!笹がとてもきれい。冷凍していたらいつでも使えるそうで。次はお酒のアテになるような、サバに大根おろし、醤油。お酒も進みました。

KIMG0750[1]住むところが違えば、当然そこに営まれる生活や歴史も違う。食もこんなに違ってくる。狭い日本といっても、こんなに違う。いいですね文化の違い。楽しいですねえ。

以登江さんが3日もオニパンに滞在するのは、それなりの理由があった。最愛のご主人を長野に放っておいてまで、どうしても、しておかねばならない仕事があった。それは、オニパンの定休日に私たちと一緒に、ある場所に訪れたかったからだ。

以登江さんはリンゴを毎年送ってくれる。本人が栽培しているわけではない。親戚や知り合いのリンゴ農家さんから分けてもらい、郵便局へ運んでくれる。重たいリンゴの箱。どうやって。車で運んでると思ったら、実は自転車で。彼女は運転免許を持っていない。若いころから、どこへ行くのにも自転車で。坂であろうが、でこぼこ道であろうが。そのうちに、自転車の魅力に気付いたみたいだ。数年前送ってきた年賀状に愛車5台とともに嬉しそうに写っていたと、ママが言っていた。そんな彼女が、ふと読んだ「折々帳」。そこに、私がひーひーで登った、サイクリストの聖地「銭亀」の文章があった。彼女はその「銭亀」に心取られたのだろう。きっと、自転車に乗るたびに、この坂、銭亀とどれくらい違うのだろう、などと想像しながらペダルをこぐ。長い坂があれば、挑戦したくなる。もっともっと登ってみたい。愛読書の「弱虫ペダル」で知った、ダンシング。ダンシングも練習するうち20分以上続けることができるようになった。彼女はママより一つ上。ということは64歳。64歳の自転車女子は、いつしか「銭亀」に登ることが夢になっていた。

機は熟していた。しかし考えてみれば、彼女の乗る自転車はどうしよう。まさか、ママの自転車で?お子様用みたいなクロスバイクじゃあ無理だ。オニパンによく来るサイクリストさんに相談した。連絡を取り合って、素敵なクロスバイクを貸してくれることになった。そして伴走する私のために、誕生日プレゼント(1月なのです)を兼ねて、これもいろんな方がたが持ち寄ったパーツを組み立て、立派な立派なロードバイクを持ってきてくれた。それも気を利かして、練習ができるように、早めにプレゼント。ロードバイクなど乗ったことのない私は、サイクリストの皆さんの思いを背に、1回目は前回の折々帳でも書いたように、別府下り・ミョウバン温泉ビールうどん付きトレーニング、そして2回目は東別府方面から銭亀を目指す4.8キロのきつい上りトレーニングを敢行。ちょっと話はそれたが、そんな温かなフォローのおかげで、以登江さんの「銭亀の夢」は、実現することになった。

DSCN43481月24日。寒いが、なんとか天気も回復。全国的な寒波・雪も、彼女の熱い思いで、この地までやって来れなかったようだ。初お目見えの以登江さん、64歳自転車女子。さすが、自転車乗り。鍛えられた体のよう。「私、きつかったら何度でも足をつけるよ。ただ、ここにきて、サイクリストの聖地に立てるだけで幸せ。」

DSCN4351デンケンスタート、12:05。最初のきつい坂もこんなふうにグイグイ登っていく。後ろから見ていると、若いスポーツ女子に見えてくる。やはり普通のおばちゃん(ばあちゃんというのには一年早いか)ではない。

DSCN4352初めて乗るクロスバイクの操作の仕方を間違えて、重いギアへ。そこで足をついてしまう彼女。私の方も必死なので、助けることもせず、追い抜く。

DSCN4355そのまま、私は峠を目指し踏ん張る。DSCN4362彼女も相当苦しくなってきたようだ。ゴール1キロ前くらいから、スピードが鈍る。ママが大きな声で「頑張って~、あともう少しよ~!」励ます。そして、そして、ついに「銭亀」石が・・・。

DSCN4365銭亀石の対面の道路で、持てる力を使い果たした以登江さんは、へたりこむ。「心臓がバクバク」「道路でねころがりたい」などと言いながら、感動が押し寄せてるような苦しそうな顔。

DSCN4367「銭亀石の前で写真撮らなきゃ」と呼び寄せ、記念撮影。彼女の自転車人生集大成の「銭亀」での笑顔です。写真での記録(時間)を見ると、到着は12:35分。3.8キロの上り、30分。ギアミスで一回足をついたものの、上り完走!!見事な走りっぷりでしたね以登江さん。

そこから、東別府側へ、4.8キロの爽快ツーリング。下りメインで、別府湾の広がる素晴らしい眺望。

KIMG0759[1]KIMG0770[1]KIMG0765[1]後姿からなんか喜びみたいなものが伝わってきます。

KIMG0772[1]人生に乾杯!!

 

新年を迎えて早や10日すぎ・・・・。濃密な時が過ぎていきます。

新年明けましておめでとうございます。折々帳が少々出遅れました。すでに11日。新年になったというのに、面白くないことが世の中たくさんあって、なかなかめでたい気分になれない年が続いています。なかなかテレビが見れないパン屋のブラック労働状態ではありますが、それでも朝ドラ「べっぴん」だけは見続けています。もちろん録画ですが。朝ドラは出勤前に見るドラマなので、夢や希望にあふれています。明るい気持ちで仕事に向かわないとやる気がでないですものね。しかしドラマの時代、戦後昭和は、貧しかったのですが、希望にあふれていましたねえ。その背景、バックボーンとして、「憲法」がしっかり存在していたからだと思います。すべての法律は「憲法」の下にあり、「憲法」が最高法規なのだと、正論が通っていました。現実は、不平等で不公平で無理が通れば…みたいな状況はありましたが、それは正していく過程の問題なのであって、いずれは憲法が描く法の下に平等な、すべての人権が豊かに保障される世になっていくのだと、信じていたみたいなところがありました。「15の春を泣かせるな」という高校全入運動、「60歳以上医療費無料」「義務教育無償」の運動、あげればきりがないほど憲法の精神を実現する運動が各地で多方面で行われていました。「憲法を暮らしの中に」をスローガンに京都府は長年、これを行政の柱として活動していました。

人々を大切にしない流れ、人権を尊重しない流れが当たり前となり、すべてが力の強いものの利益につながる方向で政策が決定されるシステム。そういう流れが強まっているように思えます。9日のゴールデングローブ賞の授賞式で女優のメリルストリープさんが話されたスピーチは衝撃的でした。時の最も権力ある者(トランプ氏)が、障害者の真似をして、障害のある記者を批判する、その非人間的なやり方に強く抗議をする内容。映えある授賞式で、少しこわばった表情で、まさかといった内容を、話すメリルストリープ。その勇気に呆然とし、静まり返る会場。「軽蔑は軽蔑しか生み出しません。暴力は暴力を煽ります。国で一番力を持った人が、それを当たり前にやると、みんながそれを当たり前にやるからです。」といった内容の話でした。それに報道は黙ってはいけないと続けていました。静まり返った会場は、その後共感の大きな拍手で包まれます。

今、日本に広がっている、人々を大切にしないあらゆる流れ。それに抗って生きていかねばと感じる出来事でもありました。

硬い話から入るのが折々帳の恒例かな。私自身の高齢化もあるのかな。年とともに人の情に涙もろく、世の不条理に腹立たしくなる私。できる限りこの「折々帳」は、率直に本音に近く、書いていきたい。たとえ、読む人がどう思うとも。これが私なのだと等身大で。

kimg064411月2日。母の墓参り。2011年4月2日没。東日本大震災の後でした。

kimg06451kimg06461kimg06471

 

 

 

 

1月3日。一人で大分百山に指定されている「小鹿山」(おじかやま)に登頂。ガイド本で頂上まで50分となっているのを30分で登頂。何が言いたいのかって。きっと自慢でしょ。頂上から別府の町が見えました。大分方面から見ると、鶴見山の前山として見えるそうです。

 

 

kimg065611月5日、熊本の山鹿町にママと行きました。昨年は熊本城へ行きました。その後4月地震で大変なことに。今回は、温泉と地震の被害の大きかった益城町に行くことにしました。温泉はとても良かった(写真の人物は知らない人)。料理も良かった(私の場合、安いわりに美味しいという意味)。kimg06551この昼ご飯以降、写真でもお分かりのように、運転はママ。私は湯布院に帰り着くまで車の中で酒宴でした(益城町の見学が終わってから)。kimg06601
kimg06691写真はたくさん撮りましたが、少しだけ載せときます。住民の方とお話をしましたが、地盤が落ち込んでいて、湧水がたくさん出ていて、土地がだめになっているとのこと。未だに復興は遠い感じでした。更地が広がっていて、ここに倒壊した建物があると想像すると言葉が出ない悲惨な状況だと思いました。kimg06661湯布院に来ていただいたお客様の支援を思い出しながら、遅くはなりましたが、精いっぱいお金を落とそうと買い物に励みました。

 

kimg067511月7日。新年の営業スタート。ぜんざいをふるまいました。天候は今一つでしたが、お客様はたくさん来ていただきました。昨年の地震の体験から得たたくさんの思いを大切にして、これからも頑張っていこうと決意を新たに。

 

kimg068111月10日。8日に誕生日祝いとして、何と、ロードバイクをサイクリストさんたちからプレゼントされました。オニパンを大切にしてくれているサイクリストさんたちが、パーツを持ち寄って組んでくれたバイクだそうで。身に余るプレゼントにどうしたものかと・・・。みなさんの思いにお返しするためには、やはり乗るしかない!!10日散髪を兼ねて、別府まで乗ってみました。久しぶりに乗る自転車。しかも慣れていないので、ブレーキの使い方も難しく、腱鞘炎になっている両手親指が辛い。散髪終わって、今度は塚原へ。登りがメインの道。こ、こしが・・・。その日の午前中、穴掘りをしていて(ゴミ捨て場をつくっていた)、腰が痛くなっていた。

ビーコンプラザ近くの散髪屋をスタートしてミョウバン温泉まで来たとき、腰・肩・指がやばい状況に。仕事ができなくなるとまずいと判断。あっさりと断念しました。そして、ミョウバン温泉に。湯元屋さんへ。kimg06851痛い体に、感動的に染み入るお湯。熊本に続いて何といい思いをさせてもらえて。kimg06871お風呂からあがって、岡本屋へ。めんたまうどんとビール。う、うまい~!!味というよりこのシチュエーションが良すぎ。えっ、自転車はどうなるのかって。もちろんこんな時は頼りになるママがいる。

kimg06921夕暮れの由布の山並みを観ながら、心地よい疲れと酔いのまわった体にしあわせを満たして。いい年明けだ。がんばります。