二日間のお休みに、いろいろと良いことがありましたよ。一つは、小麦の乾燥終了。きなこ丸でお付き合いのある、粉工房うさの社長のところにある乾燥機でお世話になりました。すごい機械。乾燥機を6台も持っているとは!一台で35石の小麦が乾燥できるんだってさ。意味わかるかな。1石は150キログラム(100升)。その35倍のコメ(小麦)が一回に乾燥できるのだそうだ。作付面積にすれば4反だそう。

 ライスセンターっていうのは聞いたことがあるが、こんな風になっているのかあ。この真ん中の機械が35石の乾燥機だ。オニパンでとれた小麦は2石くらいか。余裕で入ってしまうなあ。まあいい勉強になる。こんな世界は知らなんだ。

今後の予定は、7月末頃に製粉しようと思っている。8月以降、新小麦でのパン作り。粉も販売しよう。

夜中は冷え込む塚原高原です。窓を開けていたら、風をひきました。背中にホカロンをし、服を4枚。鼻水とくしゃみが止まりません。

 火曜日までは晴れそうです。地主の園田さんに小麦の借り入れをお願いしました。OKの返事。今年は、実りも良く、収穫後の段取りも今までの経験からほぼ見通しがついています。楽しみです。うまくいくことを願っています。

 昨日はこんなポップを作って、イチゴコッペを売りだしました。しかしいつもいろいろとアドバイスをくれるお客様から、クリームを入れない方がおいしいんじゃない?って言われました。そして、夏のアイテムを構想して冷やして食べるという提案をしましたが、冷蔵庫に入れて冷やしたものを食べると、うっ?!となりました。せっかくの美味しい柔らかい生地が固くなっています。そしてお客様の仰るように、確かにクリームの味が(それ自体はおいしいのだが)、手作りイチゴジャムの濃いおいしさを曖昧にしてると思いました。それで、すぐにこのポップをはずしました。頭と実際の違い。イチゴコッペはシンプルに。ジャムのみでいきましょうか。

晴れました。昨夜は雨が降るだろうと思っていました。畑のさつまいもが気になります。写真を撮れていないのでお見せでいないのが残念です。何にしても、生き物を育てているというのはいいものですね。日々成長が楽しみ。パンも同様なのです。ただパンの場合は、窯に入れて終了です。

 近頃フランスパンの生地の発酵状況がいいです。かなり進歩しました。昨日もそして今日もクレセントなどおいしく焼きあがっています。開店当初は偶然に頼っていたきらいがありました。うまくできないのを機械や天候のせいにしていました。でもそれは違いました。人間成長するものですね。オニパンも今週で満11歳になります。今年からはひっそり年相応にやりすごします。

昨日は雨が降ると思い込んでいました。降らなかった!でも、夕方、サツマイモに水をやったので大丈夫でしょう。植えたばかりなのに、サツマイモのことが気になる私です。

 昨日の別府店の様子。入口の掲示にご注目を。なんて書いてあるのかなあ。

 そう、昨日の別府店はコッペパンの特別サービスデイだったのです。

 第3金曜日。21日の第3金曜日。ちょっと怖い日でしたが(ほら、のこぎりもった怖いフレディだったかが出てくる日)、そんなスリラー映画を思いだしながら、果たして持っていった33本のコッペパンが売れるのかと、ドキドキしていました。

私としましては、別府駅市場の第3金曜日が「金の市」」として、何十年も取り組みを続けていたとのことで、最近財政上の問題もあり(商店会で新聞への宣伝広告が出せない)、取り組みがあいまいになってきてはいますが、オニパンはやったるぞ~みたいな勢いで今回取り組みました。従業員さんの報告では、金の市であるにもかかわらず、特段にお客様の人通りも多くなかったそうです。しかし、4時半に33本完売したとのTELがあり、ほっと胸をなでおろしました。オニパンは第3金曜日取り組みを続けていくぞと決意を新たにした昨日でした。

今日は天気が崩れるようですね。昨日は、夕暮れ時7時くらいより、イモの苗を植えました。ハッピーファーム(オニパンの畑)は、4軒で運営しています。近所のOさん、Tさんなども来ていて、農作業をしながら、交流もできました。今年はマルチもしっかりでき、サツマイモもちゃんと育ってくれるでしょう。今日の雨が待ち遠しい。不思議なものです。農業をすると、雨が待ち遠しくなるのですね。

 昨日の小麦畑。しっかり麦秋になっています。近くで見るとこんな感じ。収穫の時期かどうかの判断は、殻をとってみます。

 これが殻。穂からほろほろととれます。この殻を両手で揉みます。

 殻がとれて、中の実が出てきます。この実がしっかり固まっていればOKです。柔くて中から白い液が出てくるようであれば、まだ未熟。オニパン畑の小麦は、もう刈り入れ時です。